河島英五 泣きぬれてひとり旅 歌詞

河島英五の「泣きぬれてひとり旅」歌詞ページ。
「泣きぬれてひとり旅」は、作詞:河島英五、作曲:河島英五です。

「泣きぬれてひとり旅」歌詞

歌:河島英五

作詞:河島英五

作曲:河島英五

あの人を京都の街で
見かけたと教えられた
なぜかしら 言葉にごらせ話すのは
わけでもあるのでしょう
たぶん誰かと一緒に
河原町やら 木屋町を
歩く姿が忍ばれて つらい恋です
しょうがない

あなた追いかけ 京都にひとり
街も華ぐ祭りの夜です 四条大橋たたずむ私
見知らぬ人に 声かけられて
揺れる女心が悲しいの

あの人が金沢の街を
ひとりきり歩いていたと
何処かしら古い都の 影背負い
肩を落としていたと云う
あなた探し続けるわけは
聞いておきたい事がある
ただそれだけの はずなのに
ひとりと聞いて心が騒ぐ

あなた追いかけ 金沢にひとり
夏の夜風に 身をさらされて
犀の流れを見つめる私
帰らぬ人と知ってはいても
さまよう女心が くやしいの

あなた追いかけ 京都から金沢
悲しい女のひとり旅です
夜汽車の窓を 流れる景色は
二度と帰らぬ想い出か
せつない女心を わかってほしい

文字サイズ:
   
歌詞の位置:
 

人気の新着歌詞

LiE LiE LiE

BiSH

妄想にとらわれすぎどうせ何も生み出しやしないんじゃ...

Acanthe

Valkyrie

春のparfum 誘われ目覚める愛を閉じ込めた 記...

それだけでいい

大原櫻子

もたれかかる 君の寝顔愛しくて キスをした笑顔...

Brilliant Smile

Switch

Show your cutting-edge! Sho...

鳴り響く限り

YUKI

夜は月明かりを持って 揺れる朝焼けを頬張って 踊りたい...

The Answer

なにわ男子

We will always catch the tr...

ねがう夜

aiko

長い間一緒にいたから そりゃあ夢にも君はいるよねだ...

歌詞検索J-Lyric.netでは、無料で歌詞の検索・閲覧サービスを提供しておりますが、著作権保護の為、歌詞の印刷、歌詞のコピー、歌詞の複写などを行うことはできません。

歌詞の検索方法 利用規約 J-Lyric.net について

Copyright (c) 2006-2022 J-Lyric.net