吉田拓郎 消えていくもの 歌詞

吉田拓郎の「消えていくもの」歌詞ページ。
「消えていくもの」は、作詞:吉田拓郎、作曲:吉田拓郎です。

「消えていくもの」歌詞

歌:吉田拓郎

作詞:吉田拓郎

作曲:吉田拓郎

僕は角のたばこ屋サンが好きだった
大した理由は無いけれど好きだったな
毎日あそこを通って学校へ通った
話をした事はないけど
何となく気になるおバサンがいて
お茶のみながらいつも笑ってた

僕は社会科の先生を覚えてる
いつもジンタンを片手いっぱいほおばってた
独特のニオイがあの頃好きじゃなかった
先生のこと少しキライで少し愛していた
居眠りすると何にも言わずに
ジンタンを食わされた

僕が中途ハンパな男になりかけた頃
男に目覚めた夜があって思いもとげた
女の人を大切にしなけりゃダメだよと
10才以上 年上のその人が言った
約束だからいくつになっても
言いつけを守ってる

僕が完璧な大人になった今
色んなものが形かえて消えて行った
思い出という大げさな感情ではなく
あの人がいて風に吹かれた
あの日の景色そういう中で
じりじりしながら成長してたんだ
消えていくんだネ
消えてしまったネ
時が流れて行く
時が移って行く
少し泣きたくなる
ちょっと悲しくなる
少し泣きたくなる
ちょっと淋しくなる

文字サイズ:
   
歌詞の位置:
 

人気の新着歌詞

黄色

back number

今は硝子の蓋を閉めてこの気持ちが私の胸を衝いて...

根も葉もRumor

AKB48

Hey! Whazzup?Nothing! Not...

食べた愛

aiko

あながち間違ってないよ むしろそれで合ってるよだけ...

光の魔人

ザ・クロマニヨンズ

赤煉瓦の煙突を 蹴飛ばして行くんだもっと高く もっ...

生きることは尊いに決まってんだろ

風男塾

GET TOUGH! やいのやいの言うてもGET ...

こむぎ

遊助

鼻から空吸って ゆっくりと吐くんだこんな毎日が実る...

歌詞検索J-Lyric.netでは、無料で歌詞の検索・閲覧サービスを提供しておりますが、著作権保護の為、歌詞の印刷、歌詞のコピー、歌詞の複写などを行うことはできません。

歌詞の検索方法 利用規約 J-Lyric.net について

Copyright (c) 2006-2021 J-Lyric.net