エレファントカシマシ 地元の朝 歌詞

エレファントカシマシの「地元の朝」歌詞ページ。
「地元の朝」は、作詞:宮本浩次、作曲:宮本浩次です。

「地元の朝」歌詞

歌:エレファントカシマシ

作詞:宮本浩次

作曲:宮本浩次

ある日 目覚めて電車を乗りついできた
育った町へやってきた そう地元の朝

「フタ親に会いに行こう (そう)一年振りさ」
去年以上に学校が古ぼけて見えたんだ
坂を登り商店街を横切って
親の家の前に立った
そしてボンヤリと自問自答したのさ

アイセイ
「人生なんて人情盗坊
助けを乞うて人助け
助けたつもりが裏切りの果敢ないサガ」

玄関の前で奮い立って笑顔をつくった
母は喜びと心配をないまぜた表情で見ていた

「お母さん、この通り、元気でやっているよ
おまけに強い男だから僕は大丈夫さ…(云々)」

意味も無く得意気に上っ調子で母親に語りつづける
そしてボンヤリと自問自答をしていたんだ

アイセイ
「立派な大人になりたいな
立派な大人になりたいな
確かな仕事をしとげたいもんだな、ああ」

父はすごく嬉しそうに迎えてくれた
そして笑いながら野球の話などしたものさ

二親ともすでに七十に近いんだ ああ
結局その日は実家でメシを食って
色んなものをもらって外へ出た 外へ出た
外はもう夜だった

そしてイメージのない頭で自問自答したものさ

アイセイ
「人間なんて人情ドロボウ
二親に捧げられし愛を
一体どうやって返そうか?返そうか?」

渇いた風が吹いた 地元の夜
帰りの道を急ぎ足で歩いていた

「トモダチを探してる トモダチを探してる
仲間達を探してるんだ」
アイセイ
「立派な大人になりたいな 立派な大人になりたいな
体の全て使い尽くして死にたい」

「今日は月がちょっときれいじゃん」
「めぐる ちょっとしたことで めぐる めぐる めぐる」ああ

(んん)七色の
(んん)七色の
ココロに虹をかけて
(んん)できるだろう?
(んん)できるのさ
体の全て使い尽くして死にたい 俺は死にたい 俺は死にたい

文字サイズ:
   
歌詞の位置:
 

人気の新着歌詞

キミトミタイセカイ

関ジャニ∞

ねぇ、まだ あの日のままねぇ、今も、運命と願いたい...

雨のち晴れ

GENERATIONS from EXILE TRIBE

完璧なものなど この世界にはもうないけど君が君らし...

くそ現代っ子ごみかす20代

ヤバイTシャツ屋さん

やらんといけんこと全部先延ばすマン世代のせいにした...

Say Your Name

円神

想いは吐息に消え 君まで届かないよ陽のあたるその席...

セカイノハテ

斉藤朱夏

できないふりで やらないことでツギハギ 隠した弱い...

ファーストラヴ

Uru

絡まって 解けない糸みたいに時が経っていくほど...

Hello, Goodbye

東京女子流

どうやって、伝えたらいいのだろう朝が来るたび、強く...

歌詞検索J-Lyric.netでは、無料で歌詞の検索・閲覧サービスを提供しておりますが、著作権保護の為、歌詞の印刷、歌詞のコピー、歌詞の複写などを行うことはできません。

歌詞の検索方法 利用規約 J-Lyric.net について

Copyright (c) 2006-2021 J-Lyric.net