エレファントカシマシ 真夏の星空は少しブルー 歌詞

エレファントカシマシの「真夏の星空は少しブルー」歌詞ページ。
「真夏の星空は少しブルー」は、作詞:宮本浩次、作曲:宮本浩次です。

「真夏の星空は少しブルー」歌詞

歌:エレファントカシマシ

作詞:宮本浩次

作曲:宮本浩次

静かに暮れてゆく町の光りを
僕は君とふたりで見つめてた
町も夢も木々も全てを忘れて
遠い遠い町まで走りゆく
ふたりだけの小さな旅へゆこう
ビルも夏も風も全てを忘れて 忘れて

優しい歌を聴いた
夕日に照らされてる
光る波を見ていた
ふたりの影が揺れた
ながく揺れていた

遠い遠い空へ
吸い込まれてゆくよ
僕らは手を繋いで
このまま少し眠ろう
このまま眠ろう

真夏の星空は少しブルー
静かに流れゆく小さく囁いて

遠い遠い町まで走りゆく
あてのないまますべるようにゆくよ
町も夢も木々も全てを忘れて

文字サイズ:
   
歌詞の位置:
 

人気の新着歌詞

黄色

back number

今は硝子の蓋を閉めてこの気持ちが私の胸を衝いて...

根も葉もRumor

AKB48

Hey! Whazzup?Nothing! Not...

食べた愛

aiko

あながち間違ってないよ むしろそれで合ってるよだけ...

光の魔人

ザ・クロマニヨンズ

赤煉瓦の煙突を 蹴飛ばして行くんだもっと高く もっ...

生きることは尊いに決まってんだろ

風男塾

GET TOUGH! やいのやいの言うてもGET ...

こむぎ

遊助

鼻から空吸って ゆっくりと吐くんだこんな毎日が実る...

歌詞検索J-Lyric.netでは、無料で歌詞の検索・閲覧サービスを提供しておりますが、著作権保護の為、歌詞の印刷、歌詞のコピー、歌詞の複写などを行うことはできません。

歌詞の検索方法 利用規約 J-Lyric.net について

Copyright (c) 2006-2021 J-Lyric.net