かぐや姫 春の陽だまりの中で 歌詞

かぐや姫の「春の陽だまりの中で」歌詞ページ。
「春の陽だまりの中で」は、作詞:喜多篠忠、作曲:南こうせつです。

「春の陽だまりの中で」歌詞

歌:かぐや姫

作詞:喜多篠忠

作曲:南こうせつ

白樺の葉が
熱い風に裏返り
キラキラと輝いていた夏の日
僕と君は
ずいぶんおしゃべりだったけど
なのにたったひとつの言葉が
言えなかった気がする
そして今 春の陽だまりの中
その言葉すら忘れてしまった

ごまかすことが
うまい夏の記憶に
カラカラと日暮し蝉が鳴いていた
君は僕に
たしかな憎しみを覚え
それがまぎれもない愛だと
言いたかったんだね
そして今 春の陽だまりの中で
ただうずくまり煙草を取り出す

文字サイズ:
   
歌詞の位置:
 

かぐや姫の人気歌詞

春の陽だまりの中での収録CD,楽譜,DVD

人気の新着歌詞

LiE LiE LiE

BiSH

妄想にとらわれすぎどうせ何も生み出しやしないんじゃ...

Acanthe

Valkyrie

春のparfum 誘われ目覚める愛を閉じ込めた 記...

それだけでいい

大原櫻子

もたれかかる 君の寝顔愛しくて キスをした笑顔...

Brilliant Smile

Switch

Show your cutting-edge! Sho...

鳴り響く限り

YUKI

夜は月明かりを持って 揺れる朝焼けを頬張って 踊りたい...

The Answer

なにわ男子

We will always catch the tr...

ねがう夜

aiko

長い間一緒にいたから そりゃあ夢にも君はいるよねだ...

歌詞検索J-Lyric.netでは、無料で歌詞の検索・閲覧サービスを提供しておりますが、著作権保護の為、歌詞の印刷、歌詞のコピー、歌詞の複写などを行うことはできません。

歌詞の検索方法 利用規約 J-Lyric.net について

Copyright (c) 2006-2022 J-Lyric.net