西方裕之 海峡列車 歌詞

西方裕之の「海峡列車」歌詞ページ。
「海峡列車」は、作詞:水木れいじ、作曲:徳久広司です。

「海峡列車」歌詞

歌:西方裕之

作詞:水木れいじ

作曲:徳久広司

赤いランプの 桟橋おりて
北へ乗り継ぐ みなと駅
たった一度の いのちの恋が
風にちぎれる 茜空(あかねぞら)……
惚れていながら さすらう旅を
ベルが急(せ)かせる 海峡列車

車窓(まど)のむこうに またたく灯(あか)り
ふたり暮らした 雪荒野(ゆきこうや)
淋しがりやの おまえがひとり
泣いちゃいないか 気にかかる……
心ならずも 別れて来たが
うしろ髪ひく 海峡列車

あれは おまえか 凍(い)てつく海を
はぐれ鴎(かもめ)が 追いすがる
春になったら 花咲く町で
みんな忘れて 出直せよ……
おもいきれずに あと振り向けば
星が流れる 海峡列車

文字サイズ:
   
歌詞の位置:
 

人気の新着歌詞

どんなに君が変わっても僕がどんなふうに変わっても明日が来る君に会うため

BiSH

あんなことこんなことありました君の笑顔が輝いてまし...

BLUE DAISY

IVVY

話し始めよう これは僕らの短くとも濃いSTORY眠...

Escape

FANTASTICS from EXILE TRIBE

初めてあなたを見た瞬間戻れない恋におちた僕は騙...

ROUTE 16

FUNKY MONKEY BΛBY'S

週末乗るレンジローバーじゃなく中古の軽自動車バイト...

少年

LAST FIRST

少年よ 笑ってるか?夢を追ってるかい?古い...

Fiore

Rocket Punch

気づいて この香りに もっと遠くで立ってないで H...

The Last Journey ~47の扉~

DEEN

交差点の向こう側に佇む青年30年前の自分と重な...

歌詞検索J-Lyric.netでは、無料で歌詞の検索・閲覧サービスを提供しておりますが、著作権保護の為、歌詞の印刷、歌詞のコピー、歌詞の複写などを行うことはできません。

歌詞の検索方法 利用規約 J-Lyric.net について

Copyright (c) 2006-2022 J-Lyric.net