山崎まさよし 最後の海 歌詞

山崎まさよしの「最後の海」歌詞ページ。
「最後の海」は、作詞:山崎将義、作曲:山崎将義です。

「最後の海」歌詞

歌:山崎まさよし

作詞:山崎将義

作曲:山崎将義

電車を乗り継いで君と海に行ったのは
夏も終わりに近づいたいつかの昼下がり

踏切を渡って防波堤がみえてくると
地元の子供達の声と潮騒が聞こえてきた

波間に揺れている銀色の道
遙か向こうの空 鳥が横切ってゆく

あの時君に何か言おうとしてみたんだけれど
わずかな命を焦がしてる蝉の声にじゃまされた

太陽が傾くまで君は波と戯れてた
細い君の後ろ姿をテトラポッドから見てた

仕事終えた船が帰ってゆくよ
子供たちの声もどこかに消えてった

あの時の風景を永遠のフレームにおさめて
僕はただひたすら時が止まることを願ってた

海は何も言わないで 僕達を見守っていた

文字サイズ:
   
歌詞の位置:
 

人気の新着歌詞

キミトミタイセカイ

関ジャニ∞

ねぇ、まだ あの日のままねぇ、今も、運命と願いたい...

雨のち晴れ

GENERATIONS from EXILE TRIBE

完璧なものなど この世界にはもうないけど君が君らし...

くそ現代っ子ごみかす20代

ヤバイTシャツ屋さん

やらんといけんこと全部先延ばすマン世代のせいにした...

Say Your Name

円神

想いは吐息に消え 君まで届かないよ陽のあたるその席...

セカイノハテ

斉藤朱夏

できないふりで やらないことでツギハギ 隠した弱い...

ファーストラヴ

Uru

絡まって 解けない糸みたいに時が経っていくほど...

Hello, Goodbye

東京女子流

どうやって、伝えたらいいのだろう朝が来るたび、強く...

歌詞検索J-Lyric.netでは、無料で歌詞の検索・閲覧サービスを提供しておりますが、著作権保護の為、歌詞の印刷、歌詞のコピー、歌詞の複写などを行うことはできません。

歌詞の検索方法 利用規約 J-Lyric.net について

Copyright (c) 2006-2021 J-Lyric.net