GRAPEVINE すべてのありふれた光 歌詞

GRAPEVINEの「すべてのありふれた光」歌詞ページ。
「すべてのありふれた光」は、作詞:田中和将、作曲:亀井亨です。

「すべてのありふれた光」歌詞

歌:GRAPEVINE

作詞:田中和将

作曲:亀井亨

通り雨が過ぎ去ったら
ほんの少し散歩をしないか

心をどこに仕舞い込んで
世界は締め出されてしまった

ありふれた光はいつも
溢れるけれど溢れるだけの
もうー度
きみにそれが注いだなら
届いたなら
扉を壊しても連れ出すのさ

憶えてるもんだな意外と
甘えられる時期は過ぎ去ったか

些細な事で怒ったっけ
きみは泣くことさえ拒んで

幾つもの夜を越えて
朝になればそれだけでも
特別なものはどれだ
何にも無くても意味が無くても
この身をくれてやろう
あしたはどっちだ

悪意が裟婆を乱れ飛んでる
世界なんか塗り替えてしまえ

ありふれた未来がまた
忘れるだけの 忘れるための
それは違う
何も要らない
何にも無くても 意味が無くても
特別なきみの声が
聞こえるのさ 届いたのさ
きみの味方なら
ここで待ってるよ

文字サイズ:
   
歌詞の位置:
 

GRAPEVINEの人気歌詞

すべてのありふれた光の収録CD,楽譜,DVD

人気の新着歌詞

キミトミタイセカイ

関ジャニ∞

ねぇ、まだ あの日のままねぇ、今も、運命と願いたい...

雨のち晴れ

GENERATIONS from EXILE TRIBE

完璧なものなど この世界にはもうないけど君が君らし...

くそ現代っ子ごみかす20代

ヤバイTシャツ屋さん

やらんといけんこと全部先延ばすマン世代のせいにした...

Say Your Name

円神

想いは吐息に消え 君まで届かないよ陽のあたるその席...

セカイノハテ

斉藤朱夏

できないふりで やらないことでツギハギ 隠した弱い...

ファーストラヴ

Uru

絡まって 解けない糸みたいに時が経っていくほど...

Hello, Goodbye

東京女子流

どうやって、伝えたらいいのだろう朝が来るたび、強く...

歌詞検索J-Lyric.netでは、無料で歌詞の検索・閲覧サービスを提供しておりますが、著作権保護の為、歌詞の印刷、歌詞のコピー、歌詞の複写などを行うことはできません。

歌詞の検索方法 利用規約 J-Lyric.net について

Copyright (c) 2006-2021 J-Lyric.net