IZAM 夏色吐息 歌詞

IZAMの「夏色吐息」歌詞ページ。
「夏色吐息」は、作詞:IZAM、作曲:JellyIZUMIです。

「夏色吐息」歌詞

歌:IZAM

作詞:IZAM

作曲:JellyIZUMI

今年も見上げれば そこまで夏色に染めて
かざした指の隙間 そっと蜉蝣がゆれている
小さくかけたRadio Speakerから想い出の曲が
傷ついていた心ちょっとヒリヒリさせています

あなたを思い出しすぎている自分だけゴマかして
新しい恋してるけど きっと 気付かれてる

どうして どうして ボクは、あなた追う足とめたのだろう?
はきなれたサンダルが懐かしい思い出運んでくる

知らない間に眠ってた 午後の風の中で
日焼けをしてく汗ばむ胸 ぬるくなった缶ビール
分かっていて気付かないフリして溺れていたかった
遠くの空に恋焦れた あなたが消えてゆくまで…

毎日、繰り返している忙しさの波の中で
自分にバカンスをあげよう きっと それなら恋愛

はきかえたサンダルが この夏にちょっと照れている
夕陽暮れる頃には サヨウナラ を言える自分でいよう

小さくかけたRadio Speakerから想い出の曲が
傷ついていた心ちょっとヒリヒリさせています…
多分後悔します…

文字サイズ:
   
歌詞の位置:
 

IZAMの人気歌詞

夏色吐息の収録CD,楽譜,DVD

人気の新着歌詞

黄色

back number

今は硝子の蓋を閉めてこの気持ちが私の胸を衝いて...

根も葉もRumor

AKB48

Hey! Whazzup?Nothing! Not...

食べた愛

aiko

あながち間違ってないよ むしろそれで合ってるよだけ...

光の魔人

ザ・クロマニヨンズ

赤煉瓦の煙突を 蹴飛ばして行くんだもっと高く もっ...

生きることは尊いに決まってんだろ

風男塾

GET TOUGH! やいのやいの言うてもGET ...

こむぎ

遊助

鼻から空吸って ゆっくりと吐くんだこんな毎日が実る...

歌詞検索J-Lyric.netでは、無料で歌詞の検索・閲覧サービスを提供しておりますが、著作権保護の為、歌詞の印刷、歌詞のコピー、歌詞の複写などを行うことはできません。

歌詞の検索方法 利用規約 J-Lyric.net について

Copyright (c) 2006-2021 J-Lyric.net