キンモクセイ 都市と光の相対性 歌詞

キンモクセイの「都市と光の相対性」歌詞ページ。
「都市と光の相対性」は、作詞:伊藤俊吾、作曲:伊藤俊吾です。

「都市と光の相対性」歌詞

歌:キンモクセイ

作詞:伊藤俊吾

作曲:伊藤俊吾

真夜中の目抜き通り
シグナル消えた突然に
風の中を星の中を
光の中を飛んでゆく

環状線を内回り
反時計を刻むように
夜を超えて都市を越えて
時の流れも変えてゆく

夜空を跳ね回る喜びを
揺れ動く悲しみを捕まえて
時の海を飛び回れどこまでも

星はいつも暦どおり
雨はいつも予報どおり
常識から非常識へ
裏返しに進んでゆく

相対性の理論どおり
光が飛ぶスピードに
遠さよりも重さよりも
時間軸を変えてしまえ

いつかの君が見た僕の夢
僕が見た君の夢 叶えよう
朝に消えてしまう前に
いつかの君が見た僕の夢
僕が見た君の夢 叶えよう
月のそばで
いつまでもどこまでも

文字サイズ:
   
歌詞の位置:
 

人気の新着歌詞

黄色

back number

今は硝子の蓋を閉めてこの気持ちが私の胸を衝いて...

根も葉もRumor

AKB48

Hey! Whazzup?Nothing! Not...

食べた愛

aiko

あながち間違ってないよ むしろそれで合ってるよだけ...

光の魔人

ザ・クロマニヨンズ

赤煉瓦の煙突を 蹴飛ばして行くんだもっと高く もっ...

生きることは尊いに決まってんだろ

風男塾

GET TOUGH! やいのやいの言うてもGET ...

こむぎ

遊助

鼻から空吸って ゆっくりと吐くんだこんな毎日が実る...

歌詞検索J-Lyric.netでは、無料で歌詞の検索・閲覧サービスを提供しておりますが、著作権保護の為、歌詞の印刷、歌詞のコピー、歌詞の複写などを行うことはできません。

歌詞の検索方法 利用規約 J-Lyric.net について

Copyright (c) 2006-2021 J-Lyric.net