TAKUI ひとりになることが怖かった 歌詞

TAKUIの「ひとりになることが怖かった」歌詞ページ。
「ひとりになることが怖かった」は、作詞:中島卓偉、作曲:中島卓偉です。

「ひとりになることが怖かった」歌詞

歌:TAKUI

作詞:中島卓偉

作曲:中島卓偉

夢が叶わなかったと もう駄目かもしれないと
もしここで諦めたら俺は負け犬なんだろうか
怒りにも似た感情が込み上げてきても
何を捌け口にしていいのかさえもわからない
地下道の雑踏の中 自分だけが歩き出せず
心に開いた風穴を 冷たい群衆がすり抜ける
今まで誰と何と戦ってきたのかも
思い出せず立ちつくした灰色の街
答えなんて見つからなかった 答えなんて見つからなかった
もがいてもあがいても一人辿り着けなかった
生きていく道を見失った 気持ちの行き場を見失った
出口を探そうとするほど取り残された自分がいた

友達とはなんなのか 恋人とはなんなのか
群れる事をもし嫌がれば仲間外れになるんだろうか
はみ出す事も許されずに妥協を覚え
刃向かう事も出来ないとレールの上で気付かされた
だけど
ひとりになることが怖かった ひとりになることが怖かった
ひとりじゃ何も出来なかった そばにいて欲しかった
誰かを強く愛したかった 痛く深く愛されたかった
死にたいくらい寂しかった 叱って欲しかった
明け方の駅前の路上で 眠らない繁華街の中で
TVだけつけた暗い部屋でひとりぼっちで泣く君を見た
互いに不幸な時代に育ちこの先どうやって生きていけばいいのか
俺にだってわからないんだよ

だから
ひとりになることが怖かった ひとりになることが怖かった
ひとりじゃ何も出来なかった そばにいて欲しかった
自分でいる事が辛かった 自分ってなんだろうって思った
自分を痛めつけるぐらい寂しかった
今夜
ひとりになることが怖かった ひとりになることが怖かった
心許せる人もいなくて 心開ける場所さえなくて
希望なんて見つからずとも HAPPYなんて見つからずとも
止まない雨はないと歌おう いつか光は射すと歌おう
どしゃぶりの雨に打たれながら 初めて自分を信じたんだ
格好などつける事はないと 自分を信じた それでも
ひとりになることが怖かった ひとりになることが怖かった
誰かを強く痛く深く愛したいんだと気付いた
How could we live? Don't know why
But we know the sun will shine on us someday
Hoping we can share the happiness
Give me some truth against my innocent sky…

文字サイズ:
   
歌詞の位置:
 

TAKUIの人気歌詞

ひとりになることが怖かったの収録CD,楽譜,DVD

人気の新着歌詞

残響散歌

Aimer

誰が袖に咲く幻花(げんか)ただ そこに藍(あい)を...

FiNAL SHiTS

BiSH

いつか終わりは来ちゃうから後悔しないように...

カミモホトケモ

GRANRODEO

夢に添い遂げてんじゃ無いそんな事は分かって生きてき...

Head Shot

BLACK IRIS

Ei yo Rise you hands up Don...

一本道の唄

鳥羽一郎

泣きたくなるよな 長い一本道を歩いて来ました まだ...

逆夢

King Gnu

あなたが望むならこの胸を射通して頼りの無い僕も...

一途

King Gnu

最期にもう一度強く抱きしめてその後はもう何...

歌詞検索J-Lyric.netでは、無料で歌詞の検索・閲覧サービスを提供しておりますが、著作権保護の為、歌詞の印刷、歌詞のコピー、歌詞の複写などを行うことはできません。

歌詞の検索方法 利用規約 J-Lyric.net について

Copyright (c) 2006-2022 J-Lyric.net