ムック 気化熱 歌詞

ムックの「気化熱」歌詞ページ。
「気化熱」は、作詞:達瑯、作曲:SATOちです。

「気化熱」歌詞

歌:ムック

作詞:達瑯

作曲:SATOち

まるで余所行きのような言葉が乾いた街並み
細く流線を画く涙が微熱を奪ってたんだ

何が正しいかなんて本当はわかっていたんだ
いつか話した夢事、今では絵空事さ

キレイに並べた半ダースの思い出と猫を連れて

今、溢れ出すあの日の未来へ 消えてしまおう
息を飲むほど美しい 透明な明日へ
笑えないくらい本当に全てが 君だけでした
何時かまた会えるその日まで さよなら

ピカソが描いた油絵みたいだね
かけ違えたボタン ねぇ何時から?何処から?ずっと

今、溢れ出すあの日の未来へ 消えてしまおう
息を飲むほど美しい透明な明日へ

乾いた涙が空に溶けながら熱を奪えば
それは新しい今日になる いつかきっと
夢からさめた 今なら言えるよ『どうもありがとう』
何時かまた会えるその日まで さよなら

文字サイズ:
   
歌詞の位置:
 

ムックの人気歌詞

気化熱の収録CD,楽譜,DVD

人気の新着歌詞

好きだ虫

NMB48

Hey!Woh oh oh oh oh oh oh...

Only one, Only you

GLAY

くだらない夢想に巻き込まれて 歴史の闇が顔を出す無...

ビタミンSUMMER!

Liella!

アクロバットにぶっ飛んで 青い海こえてハイファイヴ...

夏の君にテヘヘのへ

chuLa

真夏の日差しを浴びながら走り抜けた海岸通り流れ...

Congrats!!

内田雄馬

集まった煌く光今輝けCongrats!!C...

UP to ME

BiSH

走り続けて疲れたどこだ終着はわからない...

僕らの時代

遊助

あの頃は良かったねとガキの頃大人が こぼすため息...

歌詞検索J-Lyric.netでは、無料で歌詞の検索・閲覧サービスを提供しておりますが、著作権保護の為、歌詞の印刷、歌詞のコピー、歌詞の複写などを行うことはできません。

歌詞の検索方法 利用規約 J-Lyric.net について

Copyright (c) 2006-2022 J-Lyric.net