サンタラ 狼 歌詞

サンタラの「狼」歌詞ページ。
「狼」は、作詞:田村キョウコ、作曲:田村キョウコ・砂田和俊です。

「狼」歌詞

歌:サンタラ

作詞:田村キョウコ

作曲:田村キョウコ・砂田和俊

疲れた身体を夜更けに洗う
寝静まった街 頼りない月

裸足の爪先真っ赤に塗れば
灯台みたいに行く先照らせ

私が脱ぎ散らかしたシャツの山
まだ情熱の匂いがしている
それを誰が止められるというのだろう?
私の幸せ 私が決める

疲れた身体はベッドに沈む
眠りが来るのをじっと待っている

夢の中でくらい自由でいたいのに
夢の中でさえ私は私

逃げ出すことができないのなら
この心も身体も背負ってゆくだけ
それを誰が止められるというのだろう?
私の涙 私のものよ

他の誰かと違う私に
もう怯えないで愛せるように

疲れた身体を抱きしめている
寝静まった街 頼りない月

文字サイズ:
   
歌詞の位置:
 

同名の曲が7曲収録されています。

(ポルノグラフィティ)

(北島三郎)

(ステレオポニー)

(serial TV drama)

(間々田優)

(カムラミカウ)

(徳永英明)

サンタラの人気歌詞

狼の収録CD,楽譜,DVD

人気の新着歌詞

残響散歌

Aimer

誰が袖に咲く幻花(げんか)ただ そこに藍(あい)を...

FiNAL SHiTS

BiSH

いつか終わりは来ちゃうから後悔しないように...

カミモホトケモ

GRANRODEO

夢に添い遂げてんじゃ無いそんな事は分かって生きてき...

Head Shot

BLACK IRIS

Ei yo Rise you hands up Don...

一本道の唄

鳥羽一郎

泣きたくなるよな 長い一本道を歩いて来ました まだ...

逆夢

King Gnu

あなたが望むならこの胸を射通して頼りの無い僕も...

一途

King Gnu

最期にもう一度強く抱きしめてその後はもう何...

歌詞検索J-Lyric.netでは、無料で歌詞の検索・閲覧サービスを提供しておりますが、著作権保護の為、歌詞の印刷、歌詞のコピー、歌詞の複写などを行うことはできません。

歌詞の検索方法 利用規約 J-Lyric.net について

Copyright (c) 2006-2022 J-Lyric.net