UVERworld 志kokorozashi 歌詞

UVERworldの「志kokorozashi」歌詞ページ。
「志kokorozashi」は、作詞:Reigo 5、作曲:Tickです。

「志kokorozashi」歌詞

歌:UVERworld

作詞:Reigo 5

作曲:Tick

「追いかけ続けた背中は今も胸の中に…Respect05」

先見るべく高く、この手伸ばせば覚醒する心後悔、
だがはてしなく続くたたみかける言葉投げる、
これにかける意思を探る、耐えるつもる無駄に感じる
信じる気持ち持ち胸打つ、悲しみに勝つ苛立つ甘え絶つ
言わば口実、この気持ち保ちつつ、誠実な現実に対立
真実、喪失、結末の仮説いつも絶えず探し求め見つけ出せれず
動じず数こなしまず気づくはず、疼く傷投げず
みずから消せるはず、続く、必ず諦めずにいる夢は色づく
多々ある戸惑いと迷いに、怯まず、負けず、流されず
己築く、言葉のこの志この機能、極端に言う行動パターン
手の中に隠し持つ力見たか? 坂登り切るためにか?
まさかまた、いつしかそれを言うのが癖か?言い訳是か非か?
笑いな執着した執念の集大成、崩せ保守的精神と敵とを指摘
そこに潜む目的、標的明らかに意図的

らしく生きなもっと 肩の力抜いて
もっとずっと素直になりなそっと 楽になるさきっと
らしく生きなもっと 肩の力抜いて
もっとずっと素直になりなそっと

まずは情報送信その交信の芯またも愛に対し疎外され
繰り返し苦心し興味津々集まる関心
なぜ胸にあいた穴を全て偽りで埋める
今凄絶、痛切、壮絶な口実在るべき姿を決して忘れぬ
かたくなにならず確信を得る、この現状この感情狂いきった病状
示す感情これを全て削除、じっと待ったかいもなく、いつも何か欠如
今に来る救助それに合わせ解除、さらに狂う心情と守りきれぬ秩序
後悔は増す、牙をむく甘え、困惑の中でこみ上げる不安に
おそれを抱き我を偽る、弱者と呼ばれ我のずるさ笑う
存在しゆる事に意味を求め簡単にすます理屈だけの感性
上等な上にさらにこれら全て無用どうもこうもねぇ問答無用

らしく生きなもっと 肩の力抜いて
もっとずっと素直になりなそっと 楽になるさきっと
らしく生きなもっと 肩の力抜いて
もっとずっと素直になりなそっと

何をつかむ?無駄だと投げ捨てた気持ちまだ残る今も眠る
偽りに鍵をかけ心裏切る拾い上げた答え握りしめ

文字サイズ:
   
歌詞の位置:
 

UVERworldの人気歌詞

人気の新着歌詞

黄色

back number

今は硝子の蓋を閉めてこの気持ちが私の胸を衝いて...

根も葉もRumor

AKB48

Hey! Whazzup?Nothing! Not...

食べた愛

aiko

あながち間違ってないよ むしろそれで合ってるよだけ...

光の魔人

ザ・クロマニヨンズ

赤煉瓦の煙突を 蹴飛ばして行くんだもっと高く もっ...

生きることは尊いに決まってんだろ

風男塾

GET TOUGH! やいのやいの言うてもGET ...

こむぎ

遊助

鼻から空吸って ゆっくりと吐くんだこんな毎日が実る...

歌詞検索J-Lyric.netでは、無料で歌詞の検索・閲覧サービスを提供しておりますが、著作権保護の為、歌詞の印刷、歌詞のコピー、歌詞の複写などを行うことはできません。

歌詞の検索方法 利用規約 J-Lyric.net について

Copyright (c) 2006-2021 J-Lyric.net