ゲントウキ 猫のあくび 歌詞

ゲントウキの「猫のあくび」歌詞ページ。
「猫のあくび」は、作詞:田中潤、作曲:田中潤です。

「猫のあくび」歌詞

歌:ゲントウキ

作詞:田中潤

作曲:田中潤

窓際にもたれ眺めていたんだ
オレンジ色の街
なぜかとても小さく見えた

当たり前の日々 今ここにあるもの
例えば違っても 二人何も変わらないはず

そうさ
風が吹くから時は流れ
うつろう季節にただ戸惑う
全ては猫のあくびひとつと無関係じゃない
それを
誰も教えてくれはしない
重なりあう幾つもの奇跡
不思議なことばかりだろう

やぶれた地図を手に
二人で歩いた そろそろ慣れた街
無数の音で心をうめて

ことわりもなく横切る線路に
途切れた遊歩道
ここで少し立ち止まるよ

そうさ
君がいるから僕は笑う
長い夜だから眩しい朝
全ては猫のあくびひとつと無関係じゃない
そして
新しく描かれる記憶
描かれたら色褪せる記憶
不思議なことばかりだろう

鈴の音を聞いたら
振り返ってしまう
何か企んでいるのかい

そうさ
風が吹くから時は流れ
うつろう季節にただ戸惑う
全ては猫のあくびひとつと無関係じゃない
それを
誰も教えてくれはしない
重なりあう幾つもの奇跡
不思議なことばかりだろう

文字サイズ:
   
歌詞の位置:
 

人気の新着歌詞

LiE LiE LiE

BiSH

妄想にとらわれすぎどうせ何も生み出しやしないんじゃ...

Acanthe

Valkyrie

春のparfum 誘われ目覚める愛を閉じ込めた 記...

それだけでいい

大原櫻子

もたれかかる 君の寝顔愛しくて キスをした笑顔...

Brilliant Smile

Switch

Show your cutting-edge! Sho...

鳴り響く限り

YUKI

夜は月明かりを持って 揺れる朝焼けを頬張って 踊りたい...

The Answer

なにわ男子

We will always catch the tr...

ねがう夜

aiko

長い間一緒にいたから そりゃあ夢にも君はいるよねだ...

歌詞検索J-Lyric.netでは、無料で歌詞の検索・閲覧サービスを提供しておりますが、著作権保護の為、歌詞の印刷、歌詞のコピー、歌詞の複写などを行うことはできません。

歌詞の検索方法 利用規約 J-Lyric.net について

Copyright (c) 2006-2022 J-Lyric.net