太陽族 銀列車 歌詞

太陽族の「銀列車」歌詞ページ。
「銀列車」は、作詞:つよし、作曲:つよしです。

「銀列車」歌詞

歌:太陽族

作詞:つよし

作曲:つよし

夜空の隙間にはまった
三日月の砂時計
終わる事を知らないように
時を刻んでく 置きざりのまま

降りる駅もわからないまま
飛び乗った流星の列車
くりかえす七つの夕ぐれ
願いはいつもたった一つ

もう行かなくちゃ 行かなくちゃ
震える手を隠し
あぁ最終のベルは まだ鳴っちゃいない

狭い部屋で一人僕は
膝を抱えたまま
わかってはいるけれど 笑顔つくれないまま
狭い部屋で一人僕は
進むことを恐れて
わかってはいるけれど 前を見れなくて

もう行かなくちゃ 行かなくちゃ
震える手を隠し
あぁ最終のベルはまだ

もう行かなくちゃ 行かなくちゃ
震える手を隠し
あぁ最終のベルは まだ鳴っちゃいない

文字サイズ:
   
歌詞の位置:
 

太陽族の人気歌詞

人気の新着歌詞

A WOO!!

Golden Child

Don Da Da Ram Don Don Da Da...

スタートライン

AiRBLUE

君の声が聴こえる全ては必然だった このドアの向...

Midnight Dancer

増田俊樹

エスカレーターのSteps 吸い込まれていくSlit...

Nothing but...

まっきーとけんた

壊れてしまうよ 大事なものほど人生とは 皮肉なもの...

流転

仲村宗悟

濁った月を見つめていたまるで心を写し出したみたいだ...

雪陽炎

丘みどり

不実でしょうか 愛していても知られたくない 顔があ...

レオ

優里

ショーケースの中過ごしていた誰もかれもが過ぎ去って...

歌詞検索J-Lyric.netでは、無料で歌詞の検索・閲覧サービスを提供しておりますが、著作権保護の為、歌詞の印刷、歌詞のコピー、歌詞の複写などを行うことはできません。

歌詞の検索方法 利用規約 J-Lyric.net について

Copyright (c) 2006-2022 J-Lyric.net