the GazettE 春雪の頃 歌詞

the GazettEの「春雪の頃」歌詞ページ。
「春雪の頃」は、作詞:流鬼.、作曲:大日本異端芸者の皆様です。

「春雪の頃」歌詞

歌:the GazettE

作詞:流鬼.

作曲:大日本異端芸者の皆様

the day of blue graduation
the day of blue graduation
the day of blue graduation
the day of blue graduation
the day of blue graduation
the day of blue graduation
the day of blue graduation
the day of blue graduation
「まだ少し寒いね」と
マフラーに顔を埋めている

僕の隣で小さく凍え
思い出や将来を話す
何げなく過ごし、
あたりまえのように思ってた 三年間
今じゃその大事さ、
儚さに気付き
寂しさが滲む
君想い、君に揺れ
繋げない手を隠した
歩き慣れたはずの坂道も
やがて遠くなって…
the day of blue graduation
the day of blue graduation
the day of blue graduation
the day of blue graduation
the day of blue graduation
the day of blue graduation
the day of blue graduation
the day of blue graduation
君は振り向き笑う
僕もふざけて真似してみた
繰り返す柔らかい
空気の裏側ではいつも
アルバムを開き懐かしさに
浸る日が来ないで欲しいと
強く願っていた
思い出の1ページじゃ
あまりにも寂しいと
心泣いてた
いつもより少し長く
君の背中 見届けた
見飽きてた帰り道も
あともう少しなんだね
君想い、君に揺れ、
また想い…。届かなくて
数えたらきりの無い
不器用に過ぎる青き日々
ずっとずっと変わらず
ずっと このままでもいいから…
せめて君よ 忘れないで
記憶の欠片じゃ悲しい

春雪の花が咲く
三月の別れの日
たくさんの「さよなら」は
消えない思い出になる
君想い、君に揺れ、
君と歩いたこの道
「心から好きでした」
言い出せなかった事
ずっとずっと
変わらないものなんて
無いと理解ってる
思い出す度 焦がれる胸
アルバム開けばそこに…
一枚だけの卒業写真
満開の春雪の下
君と僕は青き日のまま
褪せない笑顔で溢れてる
the day of blue graduation
the day of blue graduation
the day of blue graduation
the day of blue graduation
the day of blue graduation
the day of blue graduation
the day of blue graduation
the day of blue graduation
the day of blue graduation
the day of blue graduation
the day of blue graduation
the day of blue graduation
the day of blue graduation
the day of blue graduation
the day of blue graduation
the day of blue graduation

文字サイズ:
   
歌詞の位置:
 

人気の新着歌詞

キミトミタイセカイ

関ジャニ∞

ねぇ、まだ あの日のままねぇ、今も、運命と願いたい...

雨のち晴れ

GENERATIONS from EXILE TRIBE

完璧なものなど この世界にはもうないけど君が君らし...

くそ現代っ子ごみかす20代

ヤバイTシャツ屋さん

やらんといけんこと全部先延ばすマン世代のせいにした...

Say Your Name

円神

想いは吐息に消え 君まで届かないよ陽のあたるその席...

セカイノハテ

斉藤朱夏

できないふりで やらないことでツギハギ 隠した弱い...

ファーストラヴ

Uru

絡まって 解けない糸みたいに時が経っていくほど...

Hello, Goodbye

東京女子流

どうやって、伝えたらいいのだろう朝が来るたび、強く...

歌詞検索J-Lyric.netでは、無料で歌詞の検索・閲覧サービスを提供しておりますが、著作権保護の為、歌詞の印刷、歌詞のコピー、歌詞の複写などを行うことはできません。

歌詞の検索方法 利用規約 J-Lyric.net について

Copyright (c) 2006-2021 J-Lyric.net