関ジャニ∞ ブリュレ 歌詞

関ジャニ∞の「ブリュレ」歌詞ページ。
「ブリュレ」は、作詞:田中秀典、作曲:田中秀典です。

「ブリュレ」歌詞

歌:関ジャニ∞

作詞:田中秀典

作曲:田中秀典

心配性の悪魔が 消極的な僕らに苛立ってるみたいだ
薄暗い夕暮れの小部屋 今日こそはゆっくり話しましょう

きっと牽制してるんだ どこか謙遜してるんだ ぎこちない歯車
手を差し伸べたらどうなるんだ? 時間の限り考えましょう

ザラメ糖を焦がしたクレームブリュレ
甘いカラ 破って
その中にある柔かいのを ひとさじ分けて欲しい
デカい期待 抱いてたいなぁ

君を知り尽くしたくて 時折 傷つけちゃって
そっから何か学んで生まれる愛情
許して すべて分かりたい その線を超えてしまいたい
覗き見してしまったような気持ちになりたい
心 触れるたびに揺れる
言葉の奥で はにかむ ためらう
赤く染まるブリュレ

ちゃんと貢献してるんだ みんな経験してくんだ 恥ずかしい青春を
ハンカチなしでは語れない ドラマを一緒に作りましょう

時間をかけて煮詰めたキャラメリゼ
まだツヤツヤなうち
一番美味しいタイミングで是非とも味わいたい
ヤバイ未来 見越してたいなぁ

君に捧げたくなって 至れり尽くせりやって
余計に世話焼いちゃって悩める純情
ひっそりのめり込まれたい ほんのり煙たがられたい
“目障りだけど気になるアイツ”になりたい
心 渇くほどに燃える
忘れた頃に はじまる 戸惑う
思いがけずブリュレ

いろんなアングルで眺めてたいや
皿の隅々まで
どんな予想外の味だって喜んで平らげます
デカい期待 抱いてたいなぁ

君を知り尽くしたくて 時折 傷つけちゃって
そっから何か学んで生まれる愛情
許して すべて分かりたい その線を超えてしまいたい
覗き見してしまったような気持ちになりたい

君に捧げたくなって 至れり尽くせりやって
余計に世話焼いちゃって悩める純情
ひっそりのめり込まれたい ほんのり煙たがられたい
“目障りだけど気になるアイツ”になりたい
心 触れるたびに揺れる言葉の奥で はにかむ ためらう
赤く染まるブリュレ

思いがけずブリュレ

文字サイズ:
   
歌詞の位置:
 

人気の新着歌詞

雨のち晴れ

GENERATIONS from EXILE TRIBE

完璧なものなど この世界にはもうないけど君が君らし...

くそ現代っ子ごみかす20代

ヤバイTシャツ屋さん

やらんといけんこと全部先延ばすマン世代のせいにした...

Say Your Name

円神

想いは吐息に消え 君まで届かないよ陽のあたるその席...

セカイノハテ

斉藤朱夏

できないふりで やらないことでツギハギ 隠した弱い...

ファーストラヴ

Uru

絡まって 解けない糸みたいに時が経っていくほど...

Hello, Goodbye

東京女子流

どうやって、伝えたらいいのだろう朝が来るたび、強く...

麻痺

yama

痺れちゃうくらいに怖くてさ足が竦んで竦んでいた...

歌詞検索J-Lyric.netでは、無料で歌詞の検索・閲覧サービスを提供しておりますが、著作権保護の為、歌詞の印刷、歌詞のコピー、歌詞の複写などを行うことはできません。

歌詞の検索方法 利用規約 J-Lyric.net について

Copyright (c) 2006-2021 J-Lyric.net