清家千晶 花唄 歌詞

清家千晶の「花唄」歌詞ページ。
「花唄」は、作詞:清家千晶、作曲:清家千晶です。

「花唄」歌詞

歌:清家千晶

作詞:清家千晶

作曲:清家千晶

それは もう 月の色に濁る
心みたいなもの
それは もう 右眼にだけ落ちる
涙みたいなもの

こんな類の 寂しさは
決して君には 分からないでしょう
迷わずに立つ そんな君は
決して 知ることはないでしょう

やわらかい花の様に いつか
歌えるの 歌えるの
それでも 私は君を 思わずには
歌えない…。

一人で見つけ出した光
誰にも 渡せず
どうにか 時間 やり過ごして
消せない美しさ

そんな君の 純真さを
いつも目の当たりにして
私の本物の貧しさだけは
上手く隠せるように

只 紅く 染まる傷も いつか
笑える 笑えるの
その髪、その声、その残酷さも
失えるの…。

文字サイズ:
   
歌詞の位置:
 

同名の曲が3曲収録されています。

花唄(GReeeeN)

花唄(TOKIO)

花唄(AJISAI)

清家千晶の人気歌詞

花唄の収録CD,楽譜,DVD

人気の新着歌詞

Magic Touch

King & Prince

What what what you lookin' ...

愛しい人

SUPER BEAVER

ぱっと一言じゃ 言い表せないのが 愛だ一体あな...

Be with the world

Photon Maiden

Now I understand my calling...

三大欲求

Non Stop Rabbit

三大の欲求も敵わないほどに心底欲しい夢があるんだ...

スマイルフラワー

B.O.L.T

Anytimeどんなときもスマイル笑顔で世界に...

おもいでしりとり

DIALOGUE+

星に願いを できるだけ愛を おもいでしりとり言葉を...

歌詞検索J-Lyric.netでは、無料で歌詞の検索・閲覧サービスを提供しておりますが、著作権保護の為、歌詞の印刷、歌詞のコピー、歌詞の複写などを行うことはできません。

歌詞の検索方法 利用規約 J-Lyric.net について

Copyright (c) 2006-2021 J-Lyric.net