RADWIMPS ものもらい 歌詞

RADWIMPSの「ものもらい」歌詞ページ。
「ものもらい」は、作詞:野田洋次郎、作曲:野田洋次郎です。

「ものもらい」歌詞

歌:RADWIMPS

作詞:野田洋次郎

作曲:野田洋次郎

いつだってここにあるこの腕や耳や目を
僕は探したりなど したことはないけど

何かを探すのには いつも使うくせに
いつかなくなるなんて 考えもしないんだ

ある朝 目覚めれば 瞳がなくなってた
探すにも探せない 君がないと探せない

仕方なく手探りしようとするけども腕もない
音の頼りを聴こうとするが澄ます耳もない

僕が僕であるかどうかさえももう知る術も
ないと知った僕は何者 もうないもの?

そんなこと起こるはずもないこと
でも起こったよ そんなもんじゃない その上いく出来事が

「いつも ここにいたよ」ってさ 笑う声が悲しくて
そばにいたいと願えば願うほど 視界からは外れてて

「いつも ここにいたよ」って そう それはまるで泣きぼくろ
だから きっとこれからは毎朝 起きてさ 確かめるから

いつだってここにいた 君の姿かたち
どんなって言われても もう分からないほどに

何かを探すのにはいつも使うくせに
いつかなくなるなんて考えもしなかった

距離がものを言うなら 鼓動を僕とするなら
この腕よりも 耳よりも近くに君はいたから

だってさ わざわざ 広い世界の中から
僕の胸のここのところ 心の鼓動から

2センチかそこらのところを お気に入りの場所に
選んでくれたから だからこそ もはやそれは僕の一部と

思い込む 脳に罪はないと思う
ほら また自分かばった 自分ばっかだ

いつだってここにある 弱音や、迷い、愚痴を
隠したってバレるならと 見せびらかすけど

いつからかこの僕を 覆い隠すほどに
本当の姿など 見る影もないほど

この眼で この腕で 君のこと見つけたんだよ
そして君で 君の手で ねぇそうだよ僕は僕の形が分かったよ
僕は僕と はじめて出会えたの

「いつもここにいたよ」ってさ 僕の中の遠くから
耳を澄まして 出どころ探すけど 声の主は埋もれてて

「きっとこれからはね」ってさ 喉まできたその声を
どこに 向かって放てばいいかも 分からずただ呑みこむの

僕ら 二つが一つになれればと 近づきすぎたあの距離の意味を
なんで今頃になってさ この記憶は語るのか

そうだ 一つが二つになったんだ この世に落とされるその前に
一瞬前に だから 不時着後すぐ会えたの

二度目の離ればなれも きっとすぐまた出会えるよ

文字サイズ:
   
歌詞の位置:
 

人気の新着歌詞

キミトミタイセカイ

関ジャニ∞

ねぇ、まだ あの日のままねぇ、今も、運命と願いたい...

雨のち晴れ

GENERATIONS from EXILE TRIBE

完璧なものなど この世界にはもうないけど君が君らし...

くそ現代っ子ごみかす20代

ヤバイTシャツ屋さん

やらんといけんこと全部先延ばすマン世代のせいにした...

Say Your Name

円神

想いは吐息に消え 君まで届かないよ陽のあたるその席...

セカイノハテ

斉藤朱夏

できないふりで やらないことでツギハギ 隠した弱い...

ファーストラヴ

Uru

絡まって 解けない糸みたいに時が経っていくほど...

Hello, Goodbye

東京女子流

どうやって、伝えたらいいのだろう朝が来るたび、強く...

歌詞検索J-Lyric.netでは、無料で歌詞の検索・閲覧サービスを提供しておりますが、著作権保護の為、歌詞の印刷、歌詞のコピー、歌詞の複写などを行うことはできません。

歌詞の検索方法 利用規約 J-Lyric.net について

Copyright (c) 2006-2021 J-Lyric.net