RADWIMPS 洗脳 歌詞

RADWIMPSの「洗脳」歌詞ページ。
「洗脳」は、作詞:野田洋次郎、作曲:野田洋次郎。

洗脳 歌詞

歌:RADWIMPS

作詞:野田洋次郎

作曲:野田洋次郎

なぁ 俺が病気だって言える根拠なんかあんのかい
別にあんた喜ばすために産まれてきたんじゃない

あんたとてそうでしょう 臭いものに蓋しよう
信じたいものだけを信じて きたんでしょう?

小と中と高で必死こいて手にいれた邪見と偏見と
穿ったその思考を 取り払うのにもひと苦労
さぁ今日からはどうしよう あぁちくしょう 有象無象
もう騙されやしないぞ

あんたがたどこさ 庇護さ どこ贔屓かってんで
えっさほいさ生きた結果 これじゃ

仕方ないし 味気ないし いざって時は使えない
君のように 何気なく 『自由』に僕も飼われたい

見えてるものより見えないもの
知ってることより知らないことの方が
多いとは言うが そりゃどうだろうかもう
疑うことばかり うまくなっても

信じたっていいでしょう? 違ってたって何なの?
だからっていいことがあるわけじゃないんだし
幸か不幸かどうかは 僕に決めさせてよ
他は好き勝手 決めさせてやってるんだからさ

僕が怖いのかい なんで泣くんだい
理解ができない? それは僕も一緒さ

「目を覚ましてよ」 何を言ってんの?
一語一句違わず その気持ちも一緒さ

何も違わないんだ僕ら そうだ、泣くことなんてないんだ
だから ママ顔上げて さぁ笑ってや

「幸せになってくれさえすればいいって」さ
言ってた 今僕は言うよ心から

ハッピー ハッピー ハッピー ハッピー

産まれ変わったのであります これぞ真の姿なのです
今までの時間とはあなた様に巡り会うためのものだったのです
わかります わかるのであります あなたの偉大さを 巨大さを
理解できる頭脳を与えてくださったことをただただここに感謝いたします
家族にも話しました ダメでした
はみ出したのは僕の方だなんて言われて僕は我を忘れて殴りました
殴り続けました そしたらついに母は動かなくなったのです
あなた様の敵は私の敵であるのです
たとえそれが血の繋がった肉親であろうと許すわけにはいかないのです

ハナっから 自分に○を 僕に×をつけてさ
頭ごなしに 振りかざした その君の正義の
薄いこと 寒いこと 鼻で笑ってしまうよもう
君じゃないよ 『君の幸』の定義決めた奴は そう

見えてるものより見えないもの
知ってることより知らないこと
の方が多いとは言うが そりゃどうだろうかもう
疑うことばかり うまくなっても

信じたっていいでしょう? 違ってたって何なの?
だからっていいことがあるわけじゃないんだし
幸か不幸かどうかは 僕に決めさせてよ
他は好き勝手 決めさせてやってるんだからさ

文字:
   
位置:
 

人気の新着歌詞

LiSA

さよなら ありがとう 声の限り悲しみよりもっと大事...

アカシア

BUMP OF CHICKEN

透明よりも綺麗な あの輝きを確かめにいこうそうやっ...

Stand by me, Stand by you.

平井大

今日はキミの寝顔見てから眠るって決めていたのに...

灯ル祈リ

コブクロ

“清らかな水 運ぶ為に 汚れる水があるという”誰の...

君の彼氏になりたい。

Snow Man

大好きだけど大好きだとは自分からは言わないね。...

シエラのように

10-FEET

どうやらここでお別れみたいもう会えないみたいだね...

赤の同盟

東京事変

ええい何が起きても結構どんな騒ぎへもてんで乗じませ...

I believe what you said

亜咲花

静かに震わせる空気 意味深な沈黙光の歪曲が満ちて ...

ハニーメモリー

aiko

思いっきり泣いて泣いても未練は流れ落ちない君がいな...

アイカタ

ベリーグッドマン

お前の隣は俺しか似合わない俺の隣はお前しか似合わな...

散りてなお

手嶌葵

さらさらと 枯れさわぐ 川原ゆく 光と影今はなき故...

風を食む

ヨルシカ

明日はきっと天気で 悪いことなんてないねタイムカー...

Anti world

高槻かなこ

瞳に映した見慣れない日常 常識から片足出してる慰め...

悠幻

ael-アエル-

この胸は満たない君と出会ってからまた夢に潜って...

Gimmme!

ORESAMA

おやすみくるくる目紛しいほどじりじり焦れる...

歌詞検索J-Lyric.netでは、無料で歌詞の検索・閲覧サービスを提供しておりますが、著作権保護の為、歌詞の印刷、歌詞のコピー、歌詞の複写などを行うことはできません。

歌詞の検索方法 利用規約 J-Lyric.net について

Copyright (c) 2006-2020 J-Lyric.net