竹原ピストル 例えばヒロ、お前がそうだったように 歌詞

竹原ピストルの「例えばヒロ、お前がそうだったように」歌詞ページ。
「例えばヒロ、お前がそうだったように」は、作詞:竹原ピストル、作曲:竹原ピストル。

例えばヒロ、お前がそうだったように 歌詞

歌:竹原ピストル

作詞:竹原ピストル

作曲:竹原ピストル

ほっうておいたらおもしろいくらいおもしろいことがない。ほうっておいたらかなしいぐらいかなしいことがない。
陽の光は星の裏っかわからぬるっと現われて、諸々の影を線にして、点にして、
また線にして、また星の裏っかわにぬるっと消えていく。
これは日々なんかじゃない。ぐずぐずぐずついたかさぶただよ。
根こそぎバールでひっぺがして、俺が見たいのは鮮血だ。目が眩むほど、真っ赤な真っ赤な鮮血だ。

消し忘れたタバコの煙のようなゆらついた眼差しの少年が、俺の視界をゆらゆらと横切って行く。
睡眠薬たらふく食らって勝手にくたりやがったヒロ、お前にそっくりで、
あぶねーあぶねー、反射的に殴りそうになったよ。

そーいやこないだ、お前の親父から電話があったよ。出なかったけどな。めんどくせーよ、ばかやろ。

街は眠らない。だからこっちが目を閉じるしかないんだ。街に静寂はない。
だからこっちが耳を塞ぐしかないんだ。
新しいものが生み出され、新しかったものが古くなり、古かったものが忘れ去られ、た、
と思ったらくるんとバック転して、古かったものが今一度新しいとされたりして、
挙げ句の果てには古かったものをわざわざ新しく生み出し始めたりなんかして。。。
これは時代なんかじゃない。ぐずぐずぐずついたかさぶただよ。
根こそぎバールでひっぺがして、俺が見たいのは鮮血だ。目が眩むほど、真っ赤な真っ赤な鮮血だ。

背筋と根性を直角にひん曲げてパソコンの画面を覗き込む。人の悪口を言って楽しんだり、
人の悪口を言ってる人の悪口を言って楽しんだり。
表面温度0℃、湿度0%、ただひたすらにひたすらな記号の連続、応酬、雨あられ。
世界のどこの誰とでも繋がっているようでいて、世界のどこの誰とも繋がっていない。
収縮するも無限、膨張するも無限、輪郭が欠落した空間。良し悪しではないけれど、
そこへいくとヒロ、おまえは拒食過食でときには極端に縮んだり、ときには極端に膨らんだりしながらも、
"ここしか居場所がないんです。"なんてくそみたいなセリフを真顔で垂れ流しながらも、
"ライブハウス"というこの世で最も窮屈な空間の中で、ありとあらゆる輪郭にがんじがらめにされながらも、
しかし、正真正銘の意味合いにおいて、
世界のどこの誰とでも繋がっていこうとしていたのかもしれねーよな。

さておき、おまえ、この世で最も金髪が似合わなかったよな。

綴りようのない切実を切実という。綴れる程度の切実は切実とはいわない。
全ては、"切実"でしか変えることができない。だから例えば、歌で世界を変えることはできない。
歌で人を変えることはできない。世界を変えることができるのは、世界が抱く綴りようのない切実だけ。
人を変えることができるのは、人が抱く綴りようのない切実だけ。
マスクをつけよう。風邪の予防の為に。喉の保湿の為に。
何より、自分が吐き出す言葉の胡散臭さを噛み締める為に。あー、臭えったらありゃしねぇ。
これは歌なんかじゃない。ぐずぐずぐずついたかさぶただよ。
根こそぎバールでひっぺがして、俺が見たいのは鮮血だ。目が眩むほど、真っ赤な真っ赤な鮮血だ。

俺もやってみたいんですけど、余ってるギターありますか?って言ってきたお前と、
やってみろよって、余ってたギターをあげた俺。
あの時の俺とお前以上に暇で愚かな人間っつったら、軽々しいことこの上なく、サークルのりでお祭り騒ぎ、
例えば原発賛成反対云々かんぬんケンケンガクガクわーわーきゃーきゃーやってるやつらぐらいのもんだろうな。
哀しいかな、消えてなくなって欲しいやつっているな。俺も誰かにそう思われていることだろう。
そこへいくとヒロ、お前はあくまで俺的には、ギリギリ、あくまでほんとにギリッギリ、
消えてなくなって欲しくない、まあ、そーだな。。友達だったぜー。

お前のライブ、見てみたかったなぁ。最前列でヤジってやったのになぁ。お前のライブ、見てみたかったなぁ。
お前も歌うたいになればよかったのになぁ。
持ち時間30分なら30分。1時間なら1時間。3時間なら3時間。それが歌うたいの寿命なんだ。
わざわざ自ら、わざわざ永遠にくたばるまでもなく、
毎日、毎回くたばることができて、そして何より、毎日、毎回生まれ変わることができる、
なんとも自分勝手で都合のいい存在なんだ。

そーいや、お前にあげたギターをサトシってやつが持ってったぞ。お前のツレだって言っていたけど本当か?
嘘なら呪い殺せ。

ほうっておいたらおもしろいくらいおもしろいことがない。ほうっておいたらかなしいくらいかなしいことがない。
陽の光は星の裏っかわからぬるっと現われて、諸々の影を線にして、点にして、
また線にして、また星の裏っかわにぬるっと消えていく。
これは日々なんかじゃない。ぐずぐずぐずついたかさぶただよ。
根こそぎバールでひっぺがして、俺が見たいのは鮮血だ。目が眩むほど、真っ赤な真っ赤な鮮血だ。

生きたいとか、死にたいとか。そんなことはときに、あくまでときに、どっちでもいいような気がするんだ。
そんなことより、生きたいなら生きたいなりに、死にたいなら死にたいなりに、ちゃんと人間か?
目が眩むほど、真っ赤に真っ赤に、ちゃんと人間か?

例えばヒロ、お前がそうだったように

文字:
   
位置:
 

例えばヒロ、お前がそうだったようにの収録CD,楽譜,DVD

竹原ピストルの人気歌詞

人気の新着歌詞

LiSA

さよなら ありがとう 声の限り悲しみよりもっと大事...

アカシア

BUMP OF CHICKEN

透明よりも綺麗な あの輝きを確かめにいこうそうやっ...

Stand by me, Stand by you.

平井大

今日はキミの寝顔見てから眠るって決めていたのに...

灯ル祈リ

コブクロ

“清らかな水 運ぶ為に 汚れる水があるという”誰の...

君の彼氏になりたい。

Snow Man

大好きだけど大好きだとは自分からは言わないね。...

シエラのように

10-FEET

どうやらここでお別れみたいもう会えないみたいだね...

赤の同盟

東京事変

ええい何が起きても結構どんな騒ぎへもてんで乗じませ...

I believe what you said

亜咲花

静かに震わせる空気 意味深な沈黙光の歪曲が満ちて ...

ハニーメモリー

aiko

思いっきり泣いて泣いても未練は流れ落ちない君がいな...

アイカタ

ベリーグッドマン

お前の隣は俺しか似合わない俺の隣はお前しか似合わな...

散りてなお

手嶌葵

さらさらと 枯れさわぐ 川原ゆく 光と影今はなき故...

風を食む

ヨルシカ

明日はきっと天気で 悪いことなんてないねタイムカー...

Anti world

高槻かなこ

瞳に映した見慣れない日常 常識から片足出してる慰め...

悠幻

ael-アエル-

この胸は満たない君と出会ってからまた夢に潜って...

Gimmme!

ORESAMA

おやすみくるくる目紛しいほどじりじり焦れる...

歌詞検索J-Lyric.netでは、無料で歌詞の検索・閲覧サービスを提供しておりますが、著作権保護の為、歌詞の印刷、歌詞のコピー、歌詞の複写などを行うことはできません。

歌詞の検索方法 利用規約 J-Lyric.net について

Copyright (c) 2006-2020 J-Lyric.net