LUNKHEAD 夜行バス 歌詞

LUNKHEADの「夜行バス」歌詞ページ。
「夜行バス」は、作詞:小高 芳太朗、作曲:小高 芳太朗です。

「夜行バス」歌詞

歌:LUNKHEAD

作詞:小高 芳太朗

作曲:小高 芳太朗

もし僕が死ぬときは涙など見せないで
なんて事を思いつつも
本当はやっぱり少しだけ泣いてて欲しい
誰かの心に居たい

夜の闇をバスが走る
まるで時間を泳ぎながら
どっかに僕を連れて行くような
何でだろう 僕はいつも
少しだけ淋しくなる
眠れなくて息を潜める

ふと外を見れば

※ガラス曇った窓の外は
ビー玉ばら撒いたようだった
時計を見て僕は眠った
少なくとも眠ろうとした※

夜の闇をバスは走る
僕やあなたや彼や彼女の
いろんな思いを乗せながら
昨日と明日の間に滑り込んだ
あいまいな僕達の思いを乗せながら

(※くり返し)

僕は何かを確実に失いながら
それでも何かに向かいながら生きていくんだ

(※くり返し)

文字サイズ:
   
歌詞の位置:
 

同名の曲が4曲収録されています。

夜行バス(あいみょん)

夜行バス(CHEMISTRY)

夜行バス(Fire EX. (滅火器))

夜行バス(ONE☆DRAFT)

LUNKHEADの人気歌詞

夜行バスの収録CD,楽譜,DVD

人気の新着歌詞

黎明

ジャニーズWEST

ひとりぼっちだと思ってた 夕陽に背を向けて僕らはの...

限りなく灰色へ

25時、ナイトコードで。

才能なんてないからここで一生泣いているんだろ目に映...

ごくつぶし

ザ・クロマニヨンズ

タンスの厄介者天井の疫病神ああ 生まれてよかっ...

FORBIDDEN RAIN

UNDEAD

The beast in the rain…Y...

Fastest!

KOTOKO

妖怪か?マボロシか? 解らないもの謎に照準合わせ ...

レオ

優里

ショーケースの中過ごしていた誰もかれもが過ぎ去って...

逆夢

King Gnu

あなたが望むならこの胸を射通して頼りの無い僕も...

歌詞検索J-Lyric.netでは、無料で歌詞の検索・閲覧サービスを提供しておりますが、著作権保護の為、歌詞の印刷、歌詞のコピー、歌詞の複写などを行うことはできません。

歌詞の検索方法 利用規約 J-Lyric.net について

Copyright (c) 2006-2022 J-Lyric.net