手嶌葵 ナナカマド 歌詞

手嶌葵の「ナナカマド」歌詞ページ。
「ナナカマド」は、作詞:宮崎吾朗、作曲:谷山浩子です。

「ナナカマド」歌詞

歌:手嶌葵

作詞:宮崎吾朗

作曲:谷山浩子

白く凍った朝の丘で
真っ赤な宝石見つけました
霜をまとったナナカマドの実
吐息で溶かしてあげました

手のひらの中の赤い粒を
ぼんやり見つめているうちに
あなたを思い出しました
こんなに冷たい季節でも
あなたは旅路にあるのでしょうか

あなたが旅立って行ったのは
まだ雪が残る頃でした
それから何度も季節は過ぎ
わたしの背丈も伸びました

ゆっくりゆっくり育っていく
ナナカマドは生命の木よ
この木がもっと大きくなって
真っ白な花を咲かす頃
も一度あなたに会えるでしょうか

文字サイズ:
   
歌詞の位置:
 

人気の新着歌詞

キミトミタイセカイ

関ジャニ∞

ねぇ、まだ あの日のままねぇ、今も、運命と願いたい...

雨のち晴れ

GENERATIONS from EXILE TRIBE

完璧なものなど この世界にはもうないけど君が君らし...

くそ現代っ子ごみかす20代

ヤバイTシャツ屋さん

やらんといけんこと全部先延ばすマン世代のせいにした...

Say Your Name

円神

想いは吐息に消え 君まで届かないよ陽のあたるその席...

セカイノハテ

斉藤朱夏

できないふりで やらないことでツギハギ 隠した弱い...

ファーストラヴ

Uru

絡まって 解けない糸みたいに時が経っていくほど...

Hello, Goodbye

東京女子流

どうやって、伝えたらいいのだろう朝が来るたび、強く...

歌詞検索J-Lyric.netでは、無料で歌詞の検索・閲覧サービスを提供しておりますが、著作権保護の為、歌詞の印刷、歌詞のコピー、歌詞の複写などを行うことはできません。

歌詞の検索方法 利用規約 J-Lyric.net について

Copyright (c) 2006-2021 J-Lyric.net