Base Ball Bear 少女と鵺 歌詞

Base Ball Bearの「少女と鵺」歌詞ページ。
「少女と鵺」は、作詞:小出祐介、作曲:小出祐介です。

「少女と鵺」歌詞

歌:Base Ball Bear

作詞:小出祐介

作曲:小出祐介

毎日退屈ばっかの少女は今日も 笑えもしないで帰宅
冷蔵庫に昨日のバースデイケーキの余り 一口で頬張って
二階へ上がる 「家鳴りがひどいな」と呟いて

ベランダから見える景色は躁鬱 秋の色も濃くなってきたくせに
全力疾走手段を考えてるうちに 内緒のビールもぬるくなっていた

神隠しにあって 鵺の背に乗り
東京の夜空を 飛ぶ夢
いつの間に 寝息をたてて 二時間後・・・

曖昧になる前に逃げることは逃げじゃない、と
わかった時に 一階からの夕飯と呼ぶ声で目が覚めて また夜が来て

午前三時 遠くでバイク音が鳴る
天然リヴァーブ 気持ちいいなぁ
見えない天井 眺めていると
丸い目が ギラリと光っていた

曖昧になる前に逃げることは逃げじゃないよ
ふわり 夜空に飛び出す不思議な感じ
彼女の知らない朝が来て

文字サイズ:
   
歌詞の位置:
 

人気の新着歌詞

キミトミタイセカイ

関ジャニ∞

ねぇ、まだ あの日のままねぇ、今も、運命と願いたい...

雨のち晴れ

GENERATIONS from EXILE TRIBE

完璧なものなど この世界にはもうないけど君が君らし...

くそ現代っ子ごみかす20代

ヤバイTシャツ屋さん

やらんといけんこと全部先延ばすマン世代のせいにした...

Say Your Name

円神

想いは吐息に消え 君まで届かないよ陽のあたるその席...

セカイノハテ

斉藤朱夏

できないふりで やらないことでツギハギ 隠した弱い...

ファーストラヴ

Uru

絡まって 解けない糸みたいに時が経っていくほど...

Hello, Goodbye

東京女子流

どうやって、伝えたらいいのだろう朝が来るたび、強く...

歌詞検索J-Lyric.netでは、無料で歌詞の検索・閲覧サービスを提供しておりますが、著作権保護の為、歌詞の印刷、歌詞のコピー、歌詞の複写などを行うことはできません。

歌詞の検索方法 利用規約 J-Lyric.net について

Copyright (c) 2006-2021 J-Lyric.net