妖精帝國 Alte Burg 歌詞

妖精帝國の「Alte Burg」歌詞ページ。
「Alte Burg」は、作詞:ゆい、作曲:橘尭葉です。

「Alte Burg」歌詞

歌:妖精帝國

作詞:ゆい

作曲:橘尭葉

荒れ地に聳える古城の上
誰にも登れぬ砦に
一つの小さな窓が開く

初めて覗いた窓の外は
光も吸い込む闇色
心も翼も黒く染める

この世のほんの全ての
自由な行動さえも
世界の一握りの
彼らが監視している

出会い別れ生き死の全て
運命など信じるは愚か

見下ろした大地は遠くて
呼吸も出来ないほど深くて
悲しみも願いも叫びも
無限の闇に塞がれていく
同じ日々を幾度過ごせばいいの

初めて降り立つ闇の外は
身震いするほど広くて
小さな鼓動は熱く踊る

すべては操られた
稀代の繰り人形
世界の一握りの
彼らが動かしてる

黒く朱い扉の奥で
愚かな私たちを視てる

踏み出した大地に注いだ
私を貫く朱い光
絡んだ繰り糸はほどけて
身体は支え無くし崩れる
何選び何を信じればいいの

仰いだ夜空があまりにも
綺麗で涙が溢れていた

私が私である為に
必要なものなど何も無く
此処に私が存在している
それだけで私は私なの
全て知る為何を捨てればいいの

文字サイズ:
   
歌詞の位置:
 

人気の新着歌詞

好きだ虫

NMB48

Hey!Woh oh oh oh oh oh oh...

Only one, Only you

GLAY

くだらない夢想に巻き込まれて 歴史の闇が顔を出す無...

ビタミンSUMMER!

Liella!

アクロバットにぶっ飛んで 青い海こえてハイファイヴ...

夏の君にテヘヘのへ

chuLa

真夏の日差しを浴びながら走り抜けた海岸通り流れ...

Congrats!!

内田雄馬

集まった煌く光今輝けCongrats!!C...

UP to ME

BiSH

走り続けて疲れたどこだ終着はわからない...

僕らの時代

遊助

あの頃は良かったねとガキの頃大人が こぼすため息...

歌詞検索J-Lyric.netでは、無料で歌詞の検索・閲覧サービスを提供しておりますが、著作権保護の為、歌詞の印刷、歌詞のコピー、歌詞の複写などを行うことはできません。

歌詞の検索方法 利用規約 J-Lyric.net について

Copyright (c) 2006-2022 J-Lyric.net