妖精帝國 獄ノ幻 歌詞

妖精帝國の「獄ノ幻」歌詞ページ。
「獄ノ幻」は、作詞:YUI、作曲:XiVaです。

「獄ノ幻」歌詞

歌:妖精帝國

作詞:YUI

作曲:XiVa

灰色の嘘を隠した六(む)つの花が
手のひらを流れる
そぼ濡れる肌薄氷(うすらい)の様に脆く傷跡を残す

自由を求めては臆病すぎて怯えている
生きる骸(むくろ)か

今堕ちてゆく薔薇薔薇に奈落の客人(まれびと)
蜘蛛の糸さえも届かないだろう
悲しみと苦しみに穢れた時こそ
凛とした眼差しでありたいと願う

救いを求めては手に入れる事を躊躇う
獄(ひとや)幻

今病んでゆく粉々に砂上の咎人(とがびと)
渇く喉さえも癒せないだろう
絶望と裏切りで死に逝く時こそ
凛とした微笑みでありたいと囁く

限界に溺れそうな時に信じられる誇りだけが
昨日よりも気高く美しい自分を創るの

今堕ちてゆく薔薇薔薇に奈落の客人(まれびと)
蜘蛛の糸さえも届かないだろう
悲しみと苦しみに穢れた時こそ
凛とした眼差しでありたいと願う

文字サイズ:
   
歌詞の位置:
 

妖精帝國の人気歌詞

獄ノ幻の収録CD,楽譜,DVD

人気の新着歌詞

運命 CHACHACHACHA~N

OCHA NORMA

シュビドゥバ シュビドゥバ(CHA CHA)シュビ...

Stardom

King Gnu

夢で誤魔化した笑顔の裏で何度泪を流した?歩...

STARS

M!LK

どれだけの出会いと別れを重ねて何を思い今日まで歩い...

THE WAY OF LIFE

RAISE A SUILEN

機転利かせ右脳左脳 口八丁 常勝手抜かりなくリスペ...

MELTY

白間美瑠

Hey, what's your name?Ah ...

Flash!

PICG

Flashlight まるで一瞬のネイキッド照らし...

転生したら剣でした

岸田教団&THE明星ロケッツ

希望なんてもう 久しく見ていない絶望になれきった意...

歌詞検索J-Lyric.netでは、無料で歌詞の検索・閲覧サービスを提供しておりますが、著作権保護の為、歌詞の印刷、歌詞のコピー、歌詞の複写などを行うことはできません。

歌詞の検索方法 利用規約 J-Lyric.net について

Copyright (c) 2006-2022 J-Lyric.net