ミドリカワ書房 馬鹿兄弟 歌詞

ミドリカワ書房の「馬鹿兄弟」歌詞ページ。
「馬鹿兄弟」は、作詞:緑川 伸一、作曲:緑川 伸一です。

「馬鹿兄弟」歌詞

歌:ミドリカワ書房

作詞:緑川 伸一

作曲:緑川 伸一

甘ったれたクソガキがだらしなく 戯言を紙にタラタラ書いた
それから冬の夜の闇へと 逃げるようにクソガキは消えた

ガキにはあちこちに借金があった それは恐ろしい額になってた
取り立てのチンピラに脅されてた 命の危険を感じ始めた

クソガキのアパートにやって来た母親 ゴミ屋敷のような部屋の中
小汚い文字でタラタラ書かれた 醜い遺書があった

母親はすぐ捜索願を出した 警察の人は割と親切だった
その頃ガキは死ぬ勇気なんかなく 友達の家を転々と彷徨っていた ニヤニヤしながら

廻りにあるのは偽物の友情だけだった ごまかしだけだった

クソガキの兄貴は東京にいて 金にならない歌を歌ってた
弟が失踪したと聞いて ただ情けなくて腹が立った

弟よりむしろ母親のことが 心配で心配で仕方なく
電話から漏れる母親の声は 悲しく震えてた

三年後の秋 兄貴の所に 招待状が来た ガキの結婚式の
東京のヤツはチョコチョコ売れてきた時期で
招待状の中に"一曲唄ってよ"って 昔と同じ懐かしい汚い文字が

死んじまえ卑怯者 みんなに心配かけやがって
いい気なもんだ みんな忙しいんだ お前なんかに構ってられるか
死んじまえ卑怯者 死んだ方がよっぽどましだ
あのときそこまで考えた兄貴は

招待状を嫁に黙って渡して 手帳を開いて日付に丸をした
自分の歌を歌うのは恥ずかしいので カラオケでいつも歌う
ハマショーの歌を唄うことにした 結果が「もうひとつの土曜日」

兄貴はニヤニヤ仕事に出かけた
クソガキの嫁はすこぶる美人だ

文字サイズ:
   
歌詞の位置:
 

人気の新着歌詞

黄色

back number

今は硝子の蓋を閉めてこの気持ちが私の胸を衝いて...

根も葉もRumor

AKB48

Hey! Whazzup?Nothing! Not...

食べた愛

aiko

あながち間違ってないよ むしろそれで合ってるよだけ...

光の魔人

ザ・クロマニヨンズ

赤煉瓦の煙突を 蹴飛ばして行くんだもっと高く もっ...

生きることは尊いに決まってんだろ

風男塾

GET TOUGH! やいのやいの言うてもGET ...

こむぎ

遊助

鼻から空吸って ゆっくりと吐くんだこんな毎日が実る...

歌詞検索J-Lyric.netでは、無料で歌詞の検索・閲覧サービスを提供しておりますが、著作権保護の為、歌詞の印刷、歌詞のコピー、歌詞の複写などを行うことはできません。

歌詞の検索方法 利用規約 J-Lyric.net について

Copyright (c) 2006-2021 J-Lyric.net