ET-KING 纏 歌詞

ET-KINGの「纏」歌詞ページ。
「纏」は、作詞:ET-KING、作曲:ET-KINGです。

「纏」歌詞

歌:ET-KING

作詞:ET-KING

作曲:ET-KING

丑三つ時の屋根の火 駆けつけて鳴らす警鈴
回せ回せ回せ回せ回せ 酒に水に浴びる火の粉
FIRE夜空を焦がせ 纒屋 祭りや騒げ
回る回る回る回る回る 酒に水に迫る火の手

▲One for the数えて 銭の話 Two for the数えて おなごの話
Three for the数えりゃ 儲け話が湧いてくるのが世の常か
ってそんなうまい話があったなら わしらここまで損せんよ
今夜も一番つかむ為 端から端まで揺らす為
マイク一本火事のもと 一日一善 ご苦労さん

△そら赤く染まりゆく 大空地を這う人々
皆足早 踊る業火に揺れる町に響く鐘の音
聞き捨てならんと奮い立つ 熱い鼓動湧く 七人の男
今宵背中に纒 黒いハッピと誇りを身にまとい
大阪大国町纒屋 今から行くから待っとけや

◆見上げる西の空に煙 あざわらうかの様にのぼり
金に女に博打は二の次に 我が先よと急ぐよ真っ先に
そこどきな お通りだ どめきな 纒屋
屋根から見下ろす街並みに 金と欲にまみれた人の波
明日は明日の風が吹く 今宵も夜通し鐘が鳴る

丑三つ時の屋根の火 駆けつけて鳴らす警鈴
回せ回せ回せ回せ回せ 酒に水に浴びる火の粉
FIRE夜空を焦がせ 纒屋 祭りや騒げ
回る回る回る回る回る 酒に水に迫る火の手

◇ボウボウ一瞬で火の海 パンパン上がる火の怒り
段々 一面広がり 火の粉はびこる次から次へ
祭り始り席を立つ 立つ立つ現場へ急行や
一番手になったら男や 三日月酒のあてそうりゃ
本能剥き出しそうりゃ 纒屋名のもと騒げやそうりゃ

▼舞い上がれ この場を揺らせ 揺らせ騒げ 騒動起こす
鼓動響くさながら狂喜乱舞 激しく舞う火に身を投じ
湧かす闘志 握りこぶしは高くそう上げよ!さぁ夜を徹し
今まさに声張れ この時祭りの華となれ
一つ二つ重ね合わせ バカでかい内なる大輪を咲かせ

丑三つ時の屋根の火 駆けつけて鳴らす警鈴
回せ回せ回せ回せ回せ 酒に水に浴びる火の粉
FIRE夜空を焦がせ 纒屋 祭りや騒げ
回る回る回る回る回る 酒に水に迫る火の手

▲→イトキン
△→TENN
◆→KLUTCH
◇→BUCCI
▼→センコウ

文字サイズ:
   
歌詞の位置:
 

同名の曲が1曲収録されています。

(北島三郎)

ET-KINGの人気歌詞

纏の収録CD,楽譜,DVD

人気の新着歌詞

LiE LiE LiE

BiSH

妄想にとらわれすぎどうせ何も生み出しやしないんじゃ...

Acanthe

Valkyrie

春のparfum 誘われ目覚める愛を閉じ込めた 記...

それだけでいい

大原櫻子

もたれかかる 君の寝顔愛しくて キスをした笑顔...

Brilliant Smile

Switch

Show your cutting-edge! Sho...

鳴り響く限り

YUKI

夜は月明かりを持って 揺れる朝焼けを頬張って 踊りたい...

The Answer

なにわ男子

We will always catch the tr...

ねがう夜

aiko

長い間一緒にいたから そりゃあ夢にも君はいるよねだ...

歌詞検索J-Lyric.netでは、無料で歌詞の検索・閲覧サービスを提供しておりますが、著作権保護の為、歌詞の印刷、歌詞のコピー、歌詞の複写などを行うことはできません。

歌詞の検索方法 利用規約 J-Lyric.net について

Copyright (c) 2006-2022 J-Lyric.net