アンティック珈琲店 モウソウモモウソロソロ 歌詞

アンティック-珈琲店-の「モウソウモモウソロソロ」歌詞ページ。
「モウソウモモウソロソロ」は、作詞:みく、作曲:カノンです。

「モウソウモモウソロソロ」歌詞

歌:アンティック-珈琲店-

作詞:みく

作曲:カノン

脳内崩壊 無秩序な愛のダンジョン
知らない顔をし ボク無しで世界は周る…

感傷的思考 「自分なんて要らないです」
本当は求める「温もりの場所はどこ?」

『ベッドの上での静寂の中 泳いだ言葉達に偽りなんてない
独りでいる時くらいしか本音なんて言えるわけないだろ?
壊れるくらいに抱きしめた 憂鬱を受け入れろ
ボクを探せ ボクを選べ ボクの意味はなんだ』

誰か必要とするのなら 「時や距離さえ越えられる」
押し付けたい夢台詞がクルクル駆け巡る
妄想ももうそろそろ 限界フラグが立っている
神様一つだけお願いをしてもいい?
希望を連れて来い
「テヘっ。」

身体崩壊 自律装置 イカレ気味
スマホに逃げ込み アプリに溺れて堕ちる…

閉鎖的思考 「籠の中の鳥なんです」
逃げたいここから 「あの蝶のように自由に」

『飲み会とか別に好きじゃないけど 誘われないのも癪かも
でも行ったら行ったで新たな孤独が待っているんだよね
コミュ力が欲しい このままじゃ人生詰んでる
世渡り上手の下衆野郎(アイツ)みたいにチヤホヤされたい
リア充になりたい』

「キミがいるとどんな時も 幸せな気持ちになれる」
かけられたい夢台詞がクルクル駆け巡る
妄想ももうそろそろ 限界フラグが立っている
神様一つだけお願いをしてもいい?
人生を変えてくれ

混沌の海 浸かり叫ぶ 真実を
孤独は嫌 孤立は嫌 こんなの嫌だ

妄想ももうそうそろ 限界フラグが立っている
諦めかけたのに 望みが捨て切れない

誰か必要とするのなら 「時や距離さえ越えられる」
なんていう夢台詞を一度切りでも言ってみたい
もしも光が射さなくても
この一瞬の決意(ヒカリ)だけ信じたい
妄想ももうそろそろ お別れの時間がやってきた
神様最後にさ挨拶をしてもいい?
「今までありがとね」
「旅に出かけてくる」
「妄想よさようなら」

文字サイズ:
   
歌詞の位置:
 

人気の新着歌詞

どんなに君が変わっても僕がどんなふうに変わっても明日が来る君に会うため

BiSH

あんなことこんなことありました君の笑顔が輝いてまし...

BLUE DAISY

IVVY

話し始めよう これは僕らの短くとも濃いSTORY眠...

Escape

FANTASTICS from EXILE TRIBE

初めてあなたを見た瞬間戻れない恋におちた僕は騙...

ROUTE 16

FUNKY MONKEY BΛBY'S

週末乗るレンジローバーじゃなく中古の軽自動車バイト...

少年

LAST FIRST

少年よ 笑ってるか?夢を追ってるかい?古い...

Fiore

Rocket Punch

気づいて この香りに もっと遠くで立ってないで H...

The Last Journey ~47の扉~

DEEN

交差点の向こう側に佇む青年30年前の自分と重な...

歌詞検索J-Lyric.netでは、無料で歌詞の検索・閲覧サービスを提供しておりますが、著作権保護の為、歌詞の印刷、歌詞のコピー、歌詞の複写などを行うことはできません。

歌詞の検索方法 利用規約 J-Lyric.net について

Copyright (c) 2006-2022 J-Lyric.net