tacica 中央線 歌詞

tacicaの「中央線」歌詞ページ。
「中央線」は、作詞:猪狩翔一、作曲:猪狩翔一です。

「中央線」歌詞

歌:tacica

作詞:猪狩翔一

作曲:猪狩翔一

大人よりは子供の心
子供よりは大人の体
何度叩いたところで壊れない 壊せないのに
子供よりは大人の体
大人よりは子供の心
何度叩いた?

雨の日の窓辺にまだ色んな事を失くす前の日々を残して

僕のこれ位 悲しいを 誰かはどれ位 悲しいと言うか
考えたのは中央線でまた遅れを告げるから
道端の蒲公英に唾を吐いた友達をまだ愛してたいよ
僕はまだ愛してたいよ

澄んだ心 輝いた体
そんな昔むかしの話
何度話したところで
戻れない 戻れないけど
足りない事ばかりの中に眩しい物語が有ればきっと笑えた

晴れた日の窓辺にまだ色んな事を失くす前の日々を映して

時に泣き笑い 息は吸って吐く
その全部が正しいからって
絶対 今日の延長線でまた歌える保証もない
しょうもない悩みが今の自分にどれ位 大切かなんて
僕以外 知りたくもないか

夜になって朝になって
何度だって立ち上がれるって
いつか誰かが残した陽だまり
その中を行く

文字サイズ:
   
歌詞の位置:
 

同名の曲が11曲収録されています。

中央線(THE BOOM)

中央線(リーガルリリー)

中央線(きのこ帝国)

中央線(Sotte Bosse)

中央線(矢野顕子)

中央線(宮沢和史)

中央線(butaji)

中央線(ハナレグミ)

中央線(野島健児)

中央線(NOKKO)

「中央線」で検索する

tacicaの人気歌詞

人気の新着歌詞

A WOO!!

Golden Child

Don Da Da Ram Don Don Da Da...

スタートライン

AiRBLUE

君の声が聴こえる全ては必然だった このドアの向...

Midnight Dancer

増田俊樹

エスカレーターのSteps 吸い込まれていくSlit...

Nothing but...

まっきーとけんた

壊れてしまうよ 大事なものほど人生とは 皮肉なもの...

流転

仲村宗悟

濁った月を見つめていたまるで心を写し出したみたいだ...

雪陽炎

丘みどり

不実でしょうか 愛していても知られたくない 顔があ...

レオ

優里

ショーケースの中過ごしていた誰もかれもが過ぎ去って...

歌詞検索J-Lyric.netでは、無料で歌詞の検索・閲覧サービスを提供しておりますが、著作権保護の為、歌詞の印刷、歌詞のコピー、歌詞の複写などを行うことはできません。

歌詞の検索方法 利用規約 J-Lyric.net について

Copyright (c) 2006-2022 J-Lyric.net