松千 灰皿 歌詞

松千の「灰皿」歌詞ページ。
「灰皿」は、作詞:松千、作曲:松千です。

「灰皿」歌詞

歌:松千

作詞:松千

作曲:松千

くもり空が少し 鬱陶しくなる
タバコに手を伸ばす すぐにこれも 灰になる

雨粒に映る無数の世界 本物ってあるのかな

駆け抜けた道を 振り返ってみた
僕は 何を残してきたんだろう
届かない昨日は 涙 捨てて
進め
いつか 僕らも 燃え尽きるまで

窓を叩く雨が 胸の奥を揺らす
けむりは ゆらゆらと 立ちのぼっては 消えていく

雨空の下は無数の傘 こたえなんてないのかな

ここにいる意味を考えてみた
何のために生まれてきたんだろう
いくつもの出会いと別れ 抱いて
進め
いつか 僕らも 消えていくとしても

さよならに 進んでるとしても ほら
大切なあの人に 何が 今
できるかな

タバコはやがて灰になって落ちた
君の胸に 僕が残るなら
届かない昨日に 涙 捨てて
進め
いつか 僕らも 燃え尽きるまで
燃え尽きるまで

文字サイズ:
   
歌詞の位置:
 

人気の新着歌詞

残響散歌

Aimer

誰が袖に咲く幻花(げんか)ただ そこに藍(あい)を...

FiNAL SHiTS

BiSH

いつか終わりは来ちゃうから後悔しないように...

カミモホトケモ

GRANRODEO

夢に添い遂げてんじゃ無いそんな事は分かって生きてき...

Head Shot

BLACK IRIS

Ei yo Rise you hands up Don...

一本道の唄

鳥羽一郎

泣きたくなるよな 長い一本道を歩いて来ました まだ...

逆夢

King Gnu

あなたが望むならこの胸を射通して頼りの無い僕も...

一途

King Gnu

最期にもう一度強く抱きしめてその後はもう何...

歌詞検索J-Lyric.netでは、無料で歌詞の検索・閲覧サービスを提供しておりますが、著作権保護の為、歌詞の印刷、歌詞のコピー、歌詞の複写などを行うことはできません。

歌詞の検索方法 利用規約 J-Lyric.net について

Copyright (c) 2006-2022 J-Lyric.net