三山ひろし 浮世傘 歌詞

三山ひろしの「浮世傘」歌詞ページ。
「浮世傘」は、作詞:いではく、作曲:影山時則です。

「浮世傘」歌詞

歌:三山ひろし

作詞:いではく

作曲:影山時則

傘でかくした 男の涙
誰が知ろうか やるせなさ
義理を通して 人情が負けて
曲がりくねった 世の中に
明日という日は どこにある

浮世雨風 斜めに受ける
おれに想いを 寄せた女(やつ)
苦労承知と 言われてみても
性質(さが)は不器用 荷が重い
言わぬが花よの 別れ酒

右を立てれば 左がへこむ
とかくこの世は 住みにくい
生まれついての 風来坊が
意地を通した いばら道
支えはこころの 浮世傘

文字サイズ:
   
歌詞の位置:
 

三山ひろしの人気歌詞

浮世傘の収録CD,楽譜,DVD

人気の新着歌詞

黄色

back number

今は硝子の蓋を閉めてこの気持ちが私の胸を衝いて...

根も葉もRumor

AKB48

Hey! Whazzup?Nothing! Not...

食べた愛

aiko

あながち間違ってないよ むしろそれで合ってるよだけ...

光の魔人

ザ・クロマニヨンズ

赤煉瓦の煙突を 蹴飛ばして行くんだもっと高く もっ...

生きることは尊いに決まってんだろ

風男塾

GET TOUGH! やいのやいの言うてもGET ...

こむぎ

遊助

鼻から空吸って ゆっくりと吐くんだこんな毎日が実る...

歌詞検索J-Lyric.netでは、無料で歌詞の検索・閲覧サービスを提供しておりますが、著作権保護の為、歌詞の印刷、歌詞のコピー、歌詞の複写などを行うことはできません。

歌詞の検索方法 利用規約 J-Lyric.net について

Copyright (c) 2006-2021 J-Lyric.net