メガマソ 削り氷にあまづら入れて 歌詞

メガマソの「削り氷にあまづら入れて」歌詞ページ。
「削り氷にあまづら入れて」は、作詞:涼平、作曲:涼平です。

「削り氷にあまづら入れて」歌詞

歌:メガマソ

作詞:涼平

作曲:涼平

俯いた顎、滴が萌ゆる口の端は光っていた。

古ぼけた夜道の、すっとぼけた灯りたち、寝ぼけた僕、はっと目覚める。
幻想的な夜道の、抒情的な灯りたち、それは君のせいだ。

君の髪に挿した簪の音、涼やかに僕に響いた。

真夏に君が作りだす世界、僕は直視できない。
眩しい君のそのシルエット、夏氷差し出し、覗く。

「もしも僕が君の恋人だったらって、想像したことがあると思う?」
そんな軽口だって、空想でしか言えないよ。
絶対君は笑う。

君が口に運ぶ氷を見たら、しろしろと僕も溶け出す。

僕は夢見る、君を。
僕が誘って、手をつなぐ。

真夏に君が作りだす世界、僕は直視できない。
眩しい君のそのシルエット、夏氷差し出し、覗く。

どこかで、運命よ間違えてくれよ、僕はまだ夢見てる。
きっと次の人生で、もっと君と近くなる。
一緒に氷、食べている。

文字サイズ:
   
歌詞の位置:
 

人気の新着歌詞

君はもっとできる

HKT48

君はもっとできる何を躊躇う?(躊躇う?)こ...

だってめぐり逢えたんだ

純烈

好きさ その瞳が 好きさめぐり逢えた二人 気持ちは...

宿縁

ASIAN KUNG-FU GENERATION

なぁ過去の君よ今の君と何もかもが一緒なんて...

Platinum MASK

Beit

漂う新月と似ているペルソナ 目が合えば Checkma...

Dear Doze Days

鬼頭明里

めくるめく日常穏やかな陽のように今 キミへささ...

またね

ハンブレッダーズ

ひとりぼっちの大きさは人によって違うから君の気持ち...

女のはじまり

青山新

もっと優しい 男がいるとあなたは背中を 向けるけど...

歌詞検索J-Lyric.netでは、無料で歌詞の検索・閲覧サービスを提供しておりますが、著作権保護の為、歌詞の印刷、歌詞のコピー、歌詞の複写などを行うことはできません。

歌詞の検索方法 利用規約 J-Lyric.net について

Copyright (c) 2006-2023 J-Lyric.net