羊毛とおはな あくび猫 歌詞

羊毛とおはなの「あくび猫」歌詞ページ。
「あくび猫」は、作詞:千葉はな、作曲:千葉はなです。

「あくび猫」歌詞

歌:羊毛とおはな

作詞:千葉はな

作曲:千葉はな

角の薬屋のぶちの猫 日向で今日もお留守番
しゃがむ僕を見て知らんぷり あくびを、ひとつ。
「僕だけ逆上がりできないんだ。」
お前に話しても仕方ないけど
ぐるりと世界を一回り できたら、いいな。

夏の花が咲いた頃 一人で見上げた 夕空
本当の優しさってなんだろう? 僕に足りないもの

あくび猫が笑ったなら 僕の願いが叶うよ
あくび猫が泣いたなら 僕は途方に暮れてしまうだろう

角の薬屋のぶちの猫 日向で今日もお留守番
嘆く僕を見て「また来た」と あくびを、ひとつ。
「僕だけ、ピーマン食べれないんだ。」
お前の嫌いなものは何?
いつかあの味も「おいしい」と 言えたら、いいな。

西へ向かう鳥の群れ 遠くに消えてく 太陽
本当の強さってなんだろう? 僕に足りないもの

あくび猫が笑ったなら 僕の願いが叶うよ
あくび猫が泣いたなら 僕は途方に暮れてしまうだろう

屋根に消えた流れ星 そろそろお家へ 帰ろう
いつか叶う夢見て
あくびを、ひとつ。。

あくび猫が笑ったなら 僕の願いが叶うよ
あくび猫が泣いたなら 僕は途方に暮れてしまうだろう

文字サイズ:
   
歌詞の位置:
 

人気の新着歌詞

好きだ虫

NMB48

Hey!Woh oh oh oh oh oh oh...

Only one, Only you

GLAY

くだらない夢想に巻き込まれて 歴史の闇が顔を出す無...

ビタミンSUMMER!

Liella!

アクロバットにぶっ飛んで 青い海こえてハイファイヴ...

夏の君にテヘヘのへ

chuLa

真夏の日差しを浴びながら走り抜けた海岸通り流れ...

Congrats!!

内田雄馬

集まった煌く光今輝けCongrats!!C...

UP to ME

BiSH

走り続けて疲れたどこだ終着はわからない...

僕らの時代

遊助

あの頃は良かったねとガキの頃大人が こぼすため息...

歌詞検索J-Lyric.netでは、無料で歌詞の検索・閲覧サービスを提供しておりますが、著作権保護の為、歌詞の印刷、歌詞のコピー、歌詞の複写などを行うことはできません。

歌詞の検索方法 利用規約 J-Lyric.net について

Copyright (c) 2006-2022 J-Lyric.net