a flood of circle Summertime Blues II 歌詞

a flood of circleの「Summertime Blues II」歌詞ページ。
「Summertime Blues II」は、作詞:佐々木亮介、作曲:佐々木亮介です。

「Summertime Blues II」歌詞

歌:a flood of circle

作詞:佐々木亮介

作曲:佐々木亮介

サマータイム・ブルース
東京は激しい夕立 ひどく蒸し暑い102号室
スピーカーから古い古い夏のブルースが流れてる
サマータイム・ブルース
聴き飽きないのは世界が今も憂鬱なブルーのままだから
蘇る記憶はどれもこれもブルーだからいっそ許可のないIIを歌うことにしたんだ

サマータイム・ブルース
エディ・コクランよりボスに教わったっけ
「ごちゃごちゃ言わねえで働け」
搾取される方が悪いというシステムと暮らす2012年夏
サマータイム・ブルース
すり切れながら手に入れた福沢諭吉の目が訴える
「すぐに何も感じなくなるさ」
本当に手に入れたいものって なんだったんだっけ

太陽が燃え尽きるまえに 新しい夏を探してる
やられるまえにやらなくちゃ 失くした俺を探してる

サマータイム・ブルース
ピート・タウンゼントがぶっ壊したギターの破片
胸に刺されども刺されども 昔は良かったって死ぬまで言う気かよ1969年夏
サマータイム・ブルース
問題はリバイバルよりサバイバル
手渡された時点でムチャクチャだったこの世界で
次は誰に何を手渡しゃいい ズタズタな頭で考えるこの世代で
サマータイム・ブルース
生かされてるんではなく生きてるんだと言える夏を君と探してる
壊れてなお希望のブルースの破片をあの子と歌えますように ララララララ

海が干涸びていくまえに 新しい夏を探してる
やられるまえにやらなくちゃ 失くした君を探してる

サマータイム・ブルース
忌野清志郎より婆ちゃんに教わったんだ
「核などいらねー」 彼女の心はそれきり変わっちゃいない1945年夏
サマータイム・ブルース
傘もなく部屋を出て夕立の向こうの宇宙の向こうの創造主を睨みつけても
騙されてたのと知ろうとしなかったのとは違う
向き合うのはいつも今の自分だから
サマータイム・ブルース
人類が何千年もメシ喰ってセックスして試行錯誤して辿り着いた
今日が世界で一番新しい「今」なんだ
悲しくなるほど ブルースは鳴り止まない

忘れたことを忘れるまえに 新しい夏を探してる
やられるまえにやらなくちゃ 失くした愛を探してる
新しい冬がやって来ても 鳴り止まぬ夏のブルース
サマータイム・ブルース サマータイム・ブルース

文字サイズ:
   
歌詞の位置:
 

a flood of circleの人気歌詞

Summertime Blues IIの収録CD,楽譜,DVD

人気の新着歌詞

追いかける夢の先で

Liella!

追いかける夢の先に いつも見てた希望って星が輝いて...

トリッドラヴ

愛島セシル(鳥海浩輔)

(Sunshine)灼熱の太陽 照りつける砂漠(S...

Do the Dive

Call of Artemis

Do the Dive いま Do the Vibe...

左右盲

ヨルシカ

君の右手は頬を突いている僕は左手に温いマグカップ...

栄光の扉

平井大

思いつきみたいな夢笑われた時もあったねそれでも...

雨燦々

King Gnu

選べよ 変わりゆく時代を 割り切れなくともこの瞬間...

ALIVE

ClariS

願った 勇敢な選択の未来を今照らしてく利己...

歌詞検索J-Lyric.netでは、無料で歌詞の検索・閲覧サービスを提供しておりますが、著作権保護の為、歌詞の印刷、歌詞のコピー、歌詞の複写などを行うことはできません。

歌詞の検索方法 利用規約 J-Lyric.net について

Copyright (c) 2006-2022 J-Lyric.net