摩天楼オペラ 友に捧ぐ鎮魂歌 歌詞

摩天楼オペラの「友に捧ぐ鎮魂歌」歌詞ページ。
「友に捧ぐ鎮魂歌」は、作詞:苑、作曲:Anziです。

「友に捧ぐ鎮魂歌」歌詞

歌:摩天楼オペラ

作詞:苑

作曲:Anzi

ほのかな君の香りを 雨の中に見つけた
僕はまだ苦手なまま 足早に歩き出す

思ってたよりもっと 僕は弱い部分を持っていたみたい
君ならさ わかってくれそうな気がするよ

勝手な僕のお願いを 祈ることもあるけど
どうせなら神様よりも 君を思い出したい

好きだった服だったり 好きな人さえもう あの頃と違う
いつまでも変わらないのは音楽だけかもね

どうして  どうして どうして どうして

夕暮れ 染まる ここは あたたか
雨が 好きな君 もう おやすみ

留まることは許されないのが 時計の中の僕らで
前に行かなきゃ 前に行かなきゃ 途切れてしまうかもしれない

ただ前を ただ前を 見ることが辛くなったら
ここへ来て 話そう 好きだった歌をかけて

わがままに生きていたね 歌の止まない日々を
美しく生きていたね 若き日の僕たちは

文字サイズ:
   
歌詞の位置:
 

人気の新着歌詞

Magic Touch

King & Prince

What what what you lookin' ...

愛しい人

SUPER BEAVER

ぱっと一言じゃ 言い表せないのが 愛だ一体あな...

Be with the world

Photon Maiden

Now I understand my calling...

三大欲求

Non Stop Rabbit

三大の欲求も敵わないほどに心底欲しい夢があるんだ...

スマイルフラワー

B.O.L.T

Anytimeどんなときもスマイル笑顔で世界に...

おもいでしりとり

DIALOGUE+

星に願いを できるだけ愛を おもいでしりとり言葉を...

歌詞検索J-Lyric.netでは、無料で歌詞の検索・閲覧サービスを提供しておりますが、著作権保護の為、歌詞の印刷、歌詞のコピー、歌詞の複写などを行うことはできません。

歌詞の検索方法 利用規約 J-Lyric.net について

Copyright (c) 2006-2021 J-Lyric.net