秀吉 夏のあと 歌詞

秀吉の「夏のあと」歌詞ページ。
「夏のあと」は、作詞:柿澤秀吉、作曲:柿澤秀吉です。

「夏のあと」歌詞

歌:秀吉

作詞:柿澤秀吉

作曲:柿澤秀吉

目眩がしそうな空の下
日の光に弱くて目を閉じた
いつか忘れてしまった未来と
同い年の僕がここにいた

報われない日々の中
汗と不安を必死に拭って
いつか話した夢の続きと
似ても似つかない僕がここにいた

懐かしい少年がこっちを指差して
バカにしたように笑った

あの日 夏の日 揺れる光を見た
輝いたその先を今は思い出せなくて
少年が笑えど 夢のあとを行く

うまく描いたはずの地図が
迷路のように絡まり合って
ゴールはどこに書いたっけ
そもそも描いてもない

懐かしい少年がこっちを指差して
こんなはずじゃないと泣いてた

あの日 夏の日 揺れる光を見た
輝いたその先を僕はまだ
今も今も汚れた靴のままで
少年が笑う日まで 夢のあとを行くから

文字サイズ:
   
歌詞の位置:
 

秀吉の人気歌詞

夏のあとの収録CD,楽譜,DVD

人気の新着歌詞

好きだ虫

NMB48

Hey!Woh oh oh oh oh oh oh...

Only one, Only you

GLAY

くだらない夢想に巻き込まれて 歴史の闇が顔を出す無...

ビタミンSUMMER!

Liella!

アクロバットにぶっ飛んで 青い海こえてハイファイヴ...

夏の君にテヘヘのへ

chuLa

真夏の日差しを浴びながら走り抜けた海岸通り流れ...

Congrats!!

内田雄馬

集まった煌く光今輝けCongrats!!C...

UP to ME

BiSH

走り続けて疲れたどこだ終着はわからない...

僕らの時代

遊助

あの頃は良かったねとガキの頃大人が こぼすため息...

歌詞検索J-Lyric.netでは、無料で歌詞の検索・閲覧サービスを提供しておりますが、著作権保護の為、歌詞の印刷、歌詞のコピー、歌詞の複写などを行うことはできません。

歌詞の検索方法 利用規約 J-Lyric.net について

Copyright (c) 2006-2022 J-Lyric.net