NMB48 さや姉 歌詞

NMB48の「さや姉」歌詞ページ。
「さや姉」は、作詞:秋元康、作曲:佐々木裕です。

「さや姉」歌詞

歌:NMB48

作詞:秋元康

作曲:佐々木裕

レッスンが終わった後で
汗を拭くふりしながら
ロッカールーム 片隅で
涙を我慢してた

みんなと同じ振り入れが
なぜ私だけできないの?
覚えられない悔しさに
心が折れそうになった

そんな時
弱い気持ちの(気持ちの)
近くで微笑む先輩(先輩)
誰でも初めは一緒よと
そんな時
お尻叩いて(叩いて)
やさしく励ます存在(存在)
好きならばあきらめるなと
振りを教えてくれた
さや姉(ねえ)

公演が始まる直前
メールに勇気貰った
「自分のこと信じろ」と
短い愛の言葉

思うようにはできなくて
努力の先が見えなくて
夢への道がつらかった
無理だと音(ね)を上げた私

あの時も
遠い場所から(場所から)
アドバイスくれた先輩(先輩)
今日は昨日よりちょっとだけ
上手になればいい
あの時も
山の上から(上から)
光が溢れるみたいに(みたいに)
目の前に夜明けは来ると
ちゃんと見せてくれたのは
さや姉(ねえ)

誰より大変なのに
泣きごとひとつ言わずに
正しい背中を見せる
あなたにずっとついて行きたい
いつの日か 誉めてください

そんな時
弱い気持ちの(気持ちの)
近くで微笑む先輩(先輩)
「誰でも初めは一緒よ」と
そんな時
お尻叩いて(叩いて)
やさしく励ます存在(存在)
好きならばあきらめるなと
振りを教えてくれた
さや姉(ねえ)

ステージにさや姉(ねえ)がいる限り

文字サイズ:
   
歌詞の位置:
 

NMB48の人気歌詞

人気の新着歌詞

Only one, Only you

GLAY

くだらない夢想に巻き込まれて 歴史の闇が顔を出す無...

ビタミンSUMMER!

Liella!

アクロバットにぶっ飛んで 青い海こえてハイファイヴ...

夏の君にテヘヘのへ

chuLa

真夏の日差しを浴びながら走り抜けた海岸通り流れ...

Congrats!!

内田雄馬

集まった煌く光今輝けCongrats!!C...

UP to ME

BiSH

走り続けて疲れたどこだ終着はわからない...

僕らの時代

遊助

あの頃は良かったねとガキの頃大人が こぼすため息...

二雙の舟

渡辺真知子

時は全てを連れてゆくものらしいなのにどうして寂しさ...

歌詞検索J-Lyric.netでは、無料で歌詞の検索・閲覧サービスを提供しておりますが、著作権保護の為、歌詞の印刷、歌詞のコピー、歌詞の複写などを行うことはできません。

歌詞の検索方法 利用規約 J-Lyric.net について

Copyright (c) 2006-2022 J-Lyric.net