秋赤音 参月の雨 歌詞

秋赤音の「参月の雨」歌詞ページ。
「参月の雨」は、作詞:はいのことん、作曲:えこまるです。

「参月の雨」歌詞

歌:秋赤音

作詞:はいのことん

作曲:えこまる

アネモネの花の香りでこの胸がいっぱいです
無垢に廻り過ぎる季節が沈めた罪と傷を―
鮮やかに、記憶、フラッシュバック。
眩しくて あたし惑わす 不思議

お願いどうぞ孤独な手を引いて 夢を見させて
パステルカラーのスカートを濡らした
突如の参月の雨です

消えてゆく命を数えて
乙女の祈り捧げる振りをして
銜えた煙草に火をつけて燃やした
純情の吸殻を投げ捨てて笑った可憐な少女

月夜の海であなたと泳ぎたい ゆらりくらり
コバルトブルーの水面を刻んだ
冷たい参月の雨です

あたらしい朝 からっぽの心の軋む音が
春風に酔う小鳥の声みたく好きよ

お願いどうかあたしの手を引いて あの日のように
パステルカラーのスカートを濡らした
突如の参月の雨です

文字サイズ:
   
歌詞の位置:
 

人気の新着歌詞

黄色

back number

今は硝子の蓋を閉めてこの気持ちが私の胸を衝いて...

根も葉もRumor

AKB48

Hey! Whazzup?Nothing! Not...

食べた愛

aiko

あながち間違ってないよ むしろそれで合ってるよだけ...

光の魔人

ザ・クロマニヨンズ

赤煉瓦の煙突を 蹴飛ばして行くんだもっと高く もっ...

生きることは尊いに決まってんだろ

風男塾

GET TOUGH! やいのやいの言うてもGET ...

こむぎ

遊助

鼻から空吸って ゆっくりと吐くんだこんな毎日が実る...

歌詞検索J-Lyric.netでは、無料で歌詞の検索・閲覧サービスを提供しておりますが、著作権保護の為、歌詞の印刷、歌詞のコピー、歌詞の複写などを行うことはできません。

歌詞の検索方法 利用規約 J-Lyric.net について

Copyright (c) 2006-2021 J-Lyric.net