石丸幹二 ひとかけらの勇気 歌詞

石丸幹二の「ひとかけらの勇気」歌詞ページ。
「ひとかけらの勇気」は、作詞:小池修一郎、作曲:フランク・ワイルドホーンです。

「ひとかけらの勇気」歌詞

歌:石丸幹二

作詞:小池修一郎

作曲:フランク・ワイルドホーン

どうしてだろう この世の中に
欺瞞と不正 溢れている
人が自由に 歓び分かち
愛し合える 至福の日は 来るだろうか?

遠国(とつくに)に 嵐吹き荒れても
僕は見逃しはしない
ひとかけらの勇気が 僕にある限り

どうすればいい この世界から
争いの炎 消えはしない
人が築いた 心の壁を
打ち砕き 解き放つ その日はいつか
強い力 立ち塞がろうと
僕は諦めはしない
ひとかけらの勇気が 僕にある限り

登れない山 渡れない河
数多(あまた)の障壁乗り越えて

たとえこの身 傷付こうとも
僕は行く 君の為に
ひとかけらの勇気が 僕にある限り

文字サイズ:
   
歌詞の位置:
 

人気の新着歌詞

Magic Touch

King & Prince

What what what you lookin' ...

愛しい人

SUPER BEAVER

ぱっと一言じゃ 言い表せないのが 愛だ一体あな...

Be with the world

Photon Maiden

Now I understand my calling...

三大欲求

Non Stop Rabbit

三大の欲求も敵わないほどに心底欲しい夢があるんだ...

スマイルフラワー

B.O.L.T

Anytimeどんなときもスマイル笑顔で世界に...

おもいでしりとり

DIALOGUE+

星に願いを できるだけ愛を おもいでしりとり言葉を...

歌詞検索J-Lyric.netでは、無料で歌詞の検索・閲覧サービスを提供しておりますが、著作権保護の為、歌詞の印刷、歌詞のコピー、歌詞の複写などを行うことはできません。

歌詞の検索方法 利用規約 J-Lyric.net について

Copyright (c) 2006-2021 J-Lyric.net