日食なつこ 峰 歌詞

日食なつこの「峰」歌詞ページ。
「峰」は、作詞:日食なつこ、作曲:日食なつこです。

「峰」歌詞

歌:日食なつこ

作詞:日食なつこ

作曲:日食なつこ

極東の太陽名乗る町で 持て余して追う木枯し
喉の奥で知る秋の終わり 人を愛せず季節を愛した

光だったら弱いのが好き 照らされることを得意とはしない
そう例えばこのドアのように スモーキーなの 金属的なのがいい

出迎える声と くゆるシガーと 呼ばれるままたゆたう空気くぐって

煙に巻かれた峰を往く
誰を待つでもなくコーヒー冷ます
ブロンズに鈍く光る峰を往く
崩れることのない足場を願う

極東の太陽いま子午線にステイ また持て余して 2度目の町
すくいとっては口に含む 真夏の雲 ビビッドグリーンチェリー

今日は 1日何にもない日 窓の反射に棲む魚たち数え

煙に巻かれた峰に居る
誰も思い浮かべずにパフェ溶かす
ブロンズに磨かれた峰に居る
次もまた匿ってくれることを願う

あのドアをくぐれば夢
世界がどうしようもない日も そう まさに今日こそ

煙に巻かれた峰を探す
喉の奥 舌先に涙を溜める
ブロンズに鈍く光る峰を探す
崩れることはないと信じていた

空っぽの峰を見ても信じていた
まだ信じていた

文字サイズ:
   
歌詞の位置:
 

日食なつこの人気歌詞

人気の新着歌詞

Magic Touch

King & Prince

What what what you lookin' ...

愛しい人

SUPER BEAVER

ぱっと一言じゃ 言い表せないのが 愛だ一体あな...

Be with the world

Photon Maiden

Now I understand my calling...

三大欲求

Non Stop Rabbit

三大の欲求も敵わないほどに心底欲しい夢があるんだ...

スマイルフラワー

B.O.L.T

Anytimeどんなときもスマイル笑顔で世界に...

おもいでしりとり

DIALOGUE+

星に願いを できるだけ愛を おもいでしりとり言葉を...

歌詞検索J-Lyric.netでは、無料で歌詞の検索・閲覧サービスを提供しておりますが、著作権保護の為、歌詞の印刷、歌詞のコピー、歌詞の複写などを行うことはできません。

歌詞の検索方法 利用規約 J-Lyric.net について

Copyright (c) 2006-2021 J-Lyric.net