岩佐美咲 無人駅 歌詞

岩佐美咲の「無人駅」歌詞ページ。
「無人駅」は、作詞:秋元康、作曲:久地万里子です。

「無人駅」歌詞

歌:岩佐美咲

作詞:秋元康

作曲:久地万里子

列車の窓に
北の岬
ぼかすように雪が降る
あの人を忘れられたら
この旅は終わるのに・・・

初めての夜は
愛しさを知って
最後の
朝には
涙 知った

私なんか
いなくなっても
そう誰も
気づかない
気づかれない
途中下車するのは
無人駅

重い車輪が
動き出して
胸の奥が軋み出す
悲しみを見知らぬ街に
置き去りにしたかった

凍える指が
ぬくもりを探す
重ねた掌
思い出した

白い息が
雪と一緒に
語るだけ
愛したい
愛されたい
名前さえも知らぬ
無人駅

私なんか
いなくなっても
そう誰も
気づかない
気づかれない
途中下車するのは
無人駅

文字サイズ:
   
歌詞の位置:
 

人気の新着歌詞

キミトミタイセカイ

関ジャニ∞

ねぇ、まだ あの日のままねぇ、今も、運命と願いたい...

雨のち晴れ

GENERATIONS from EXILE TRIBE

完璧なものなど この世界にはもうないけど君が君らし...

くそ現代っ子ごみかす20代

ヤバイTシャツ屋さん

やらんといけんこと全部先延ばすマン世代のせいにした...

Say Your Name

円神

想いは吐息に消え 君まで届かないよ陽のあたるその席...

セカイノハテ

斉藤朱夏

できないふりで やらないことでツギハギ 隠した弱い...

ファーストラヴ

Uru

絡まって 解けない糸みたいに時が経っていくほど...

Hello, Goodbye

東京女子流

どうやって、伝えたらいいのだろう朝が来るたび、強く...

歌詞検索J-Lyric.netでは、無料で歌詞の検索・閲覧サービスを提供しておりますが、著作権保護の為、歌詞の印刷、歌詞のコピー、歌詞の複写などを行うことはできません。

歌詞の検索方法 利用規約 J-Lyric.net について

Copyright (c) 2006-2021 J-Lyric.net