悠木碧 くれなゐ月見酒 歌詞

悠木碧の「くれなゐ月見酒」歌詞ページ。
「くれなゐ月見酒」は、作詞:高瀬愛虹、作曲:角本麻衣です。

「くれなゐ月見酒」歌詞

歌:悠木碧

作詞:高瀬愛虹

作曲:角本麻衣

―――舞い踊る花吹雪
―――呑めば酔い酔い 夢心地

もう少しそばに来て 今だけ愉しみましょう
貴方と初めて交わす 甘い果実の味

首筋に牙を立てる 欲望が顔を出す
鈴の音に身体を委ねて 艶やかに踊りましょう

手探りで近づく恋は 毒の香りがした
何も知らぬふりして 限界まで注いで

今、燃ゆる三日月 酌み交わす盃
花びらが水面に落ちる酔いの果て
妖しく儚げに 盛り上がる宴に
見つめ合う時間がふたり酔わすまで
恋しくて溢れる
胸の奥からひらひらと紅い花 止めて

(ひらひらりと舞い落ちる)
(誓い契りし恋の花)
(ひらひらりと舞い落ちる)
(ゆらゆらりと夢の花)
月明かり照らされた夢の花

私だけに溺れて 火照りを隠さないで
くちびるに残ったのは 熱い本気の味

思い出を呑み干すまで 泪も零さないで
一度開けてしまったら最後 呑み比べはしないでね

夜空に浮かべて描いた 眩しいその夢が
騙し絵に変わろうと 頷き信じるだけ

この恋はくれなゐ もう二度と暮れない
散ることを知らない闇を焦がす花
鮮やかな爪紅 狂い出す調べに
終わりを見失うふたり夢の中
我楽多を集めて
無理やり開く禁じられた玩具箱

刻み込んで忘れないで
こヽろが角を出す前に
嗚呼 溶けるような熱を移させて

今、燃ゆる三日月 酌み交わす盃
花びらが水面に落ちる酔いの果て
妖しく儚げに 盛り上がる宴に
見つめ合う時間がふたり酔わすまで
恋しくて溢れる
胸の奥からひらひらと紅い花 止めて

(ひらひらりと舞い落ちる)
(誓い契りし恋の花)
(ひらひらりと舞い落ちる)
(ゆらゆらりと夢の花)
月明かり照らされた夢の花

文字サイズ:
   
歌詞の位置:
 

人気の新着歌詞

キミトミタイセカイ

関ジャニ∞

ねぇ、まだ あの日のままねぇ、今も、運命と願いたい...

雨のち晴れ

GENERATIONS from EXILE TRIBE

完璧なものなど この世界にはもうないけど君が君らし...

くそ現代っ子ごみかす20代

ヤバイTシャツ屋さん

やらんといけんこと全部先延ばすマン世代のせいにした...

Say Your Name

円神

想いは吐息に消え 君まで届かないよ陽のあたるその席...

セカイノハテ

斉藤朱夏

できないふりで やらないことでツギハギ 隠した弱い...

ファーストラヴ

Uru

絡まって 解けない糸みたいに時が経っていくほど...

Hello, Goodbye

東京女子流

どうやって、伝えたらいいのだろう朝が来るたび、強く...

歌詞検索J-Lyric.netでは、無料で歌詞の検索・閲覧サービスを提供しておりますが、著作権保護の為、歌詞の印刷、歌詞のコピー、歌詞の複写などを行うことはできません。

歌詞の検索方法 利用規約 J-Lyric.net について

Copyright (c) 2006-2021 J-Lyric.net