近藤晃央 EPOCH 歌詞

近藤晃央の「EPOCH」歌詞ページ。
「EPOCH」は、作詞:近藤晃央、作曲:近藤晃央です。

「EPOCH」歌詞

歌:近藤晃央

作詞:近藤晃央

作曲:近藤晃央

無重力になり浮かんでんの
感度ふわふわ 不感症なくらいが
ちょうどいいな ちょうどいいな
ひどく冴えない世さ
取り繕うと笑って 影で深くため息をついたって
みんなそうか みんなそうか
最後には「しゃーないか」ってんだ

1.2.3.4.5. 証言者 目撃者にあらず
ふにゃー 調子狂うわ 調子狂うわ
ぺちゃんこにされてんだ
腐敗しかけた情景に 感情は行き場をなくしたとさ
ここに来いよ ここに来いよ
そのためにいるんだ

エンディングで 笑うためだけ そんなに悲しまないで
じゃあもうエンディングで 同じストーリーで
小刻みにも喜びを 何処にいたの

哀しみなんて要らないよ でもこうして誰かの痛みを知って
どうせならあんたと一緒に(美学 磨く 開くまで)
哀しみだって使えちゃうよ そのまま飛び込んでここにおいで
どうせなら俺と一緒に
いざ さぁいざ 新しい時代へ

無気力になり穿ってんの
喉がグワッグワッ 異物が混ざったんだ
何が違うの 何が違うの かき混ぜてみようか

おりゃパッパッパのパ そう簡単に変えられないから
No 俺も違うよ 君も違うよ 相違に祝杯を

エンディングを 最後の余韻を すべてのように取らないで
ベタなエンディングを 始まりに変えるよ
縫い合わさる物語を 此処にいたの

喜びだって終わっちゃうよ でも忘れないのは痛みを負って
どうやって辿り着いたか(刻む 自覚 充たすまで)
消そうとしたって残っちゃうよ この身を形成したすべてを抱いて
どうせなら活かしてやるさ
いざ さぁいざ 期待ある紀元へ

どうしたってまた息をすれば 魔物が襲う夜を迎えて
どうすればただ疑わずに 足しも引きもせず信じられる

どうしたってまた どうしたってまた
どうしたってまた 信じていたいと願ってしまう

哀しみなんて要らないよ でもこうして誰かの痛みを知って
どうせならあんたと一緒に(美学 磨く 開くまで)
哀しみだって使えちゃうよ そのまま飛び込んでここにおいで
どうせなら俺と一緒に
いざ さぁいざ 詠い始めて
いざ さぁいざ 導き出して
今さ今 その手を伸ばして

文字サイズ:
   
歌詞の位置:
 

同名の曲が1曲収録されています。

epoch(雨のパレード)

近藤晃央の人気歌詞

人気の新着歌詞

Two as One

Kis-My-Ft2

Tell me now 足早に過ぎる時間に振り回さ...

UTSUROI

東方神起

僕らがここまで歩いてきた道はいつまでも未来へ向かう...

Way You Are

松下洸平

It's alright僕たちの生きる術は単純...

Always You

milet

It's always you, always you...

CROSSOVER ROTATION

IDOLiSH7 & TRIGGER & Re:vale & ZOOL

クールと笑顔のギャップ パーフェクトで頭脳明晰ずる...

HELLO HELLO HELLO

藍井エイル

何気なくふと見えるその優しさは嘘かほんとか考える暇...

Night Driving

THRIVE

儚げなYour smile誰のせい? I don't ...

歌詞検索J-Lyric.netでは、無料で歌詞の検索・閲覧サービスを提供しておりますが、著作権保護の為、歌詞の印刷、歌詞のコピー、歌詞の複写などを行うことはできません。

歌詞の検索方法 利用規約 J-Lyric.net について

Copyright (c) 2006-2022 J-Lyric.net