HKT48 2018年の橋 歌詞

HKT48の「2018年の橋」歌詞ページ。
「2018年の橋」は、作詞:秋元康、作曲:谷村庸平です。

「2018年の橋」歌詞

歌:HKT48

作詞:秋元康

作曲:谷村庸平

車は長い橋を渡り(渡り)
ここから日差しが変わるよ(変わって行く)
見下ろすこの海はただ青く(青く)
僕が育った島の影がもう近づく
生まれ育った島の影がもう近づく

君と一緒に帰るってことを
伝えたら(みんな)昔の友達が
待ってるよって…

どこまでも続くこの道
ずっとずっとまっすぐに
何年も帰らなかった
僕の気まずさ
あの頃は遠く感じた
夢と現実の距離感
今 僕の恋人が
故郷(ふるさと) 繋いでくれた

日差しの先の出口降りて(降りて)
懐かしい景色が広がる(広がってく)
こんなに便利になった街は(街は)
飛び出した若い僕を覚えてくれてるか?

片道だけのチケット握り
空っぽの(自分)トランク持ち込んで
船に乗った

いつまでも変わらない道
これがこれが未来だよ
やるだけのことはやって
悔いはないんだ
あの頃は何を求めた?
絶対 ここにはないもの
僕たちの結婚を
故郷(ふるさと)で祝うために…

どこまでも続くこの道
ずっとずっとまっすぐに
何年も帰らなかった
僕の気まずさ
あの頃は遠く感じた
夢と現実の距離感
今 僕の恋人が
故郷(ふるさと) 繋いでくれた

あの頃は見つからなかった
この土地にしかないもの
今 やっと 気づいたよ
最後に帰るべき場所

文字サイズ:
   
歌詞の位置:
 

人気の新着歌詞

Eutopia

鐘嵐珠(法元明菜)

“Hey. It's me! 准備好没?”もっと熱...

Hello Hello

風男塾

その指で軽くちょっとピッとワンタッチツナガル秒でパ...

ロマンティストでいいじゃない

田原俊彦

One more time 月のシャワー浴びて今夜...

荊棘輪舞曲

古川慎

噎せ返る血の香と罪過(ざいか)の果て(嗤うのは誰?...

おしえてMoonlight

バクステ外神田一丁目

ついこの間も 同じことがあってさ大したことじゃない...

わたし

SixTONES

有り得ないところまで心が 動き出す何気ない言葉...

LOSER

NEWS

立ち上がれ あゝ本当の声で 本当の自分(きみ)で...

歌詞検索J-Lyric.netでは、無料で歌詞の検索・閲覧サービスを提供しておりますが、著作権保護の為、歌詞の印刷、歌詞のコピー、歌詞の複写などを行うことはできません。

歌詞の検索方法 利用規約 J-Lyric.net について

Copyright (c) 2006-2022 J-Lyric.net