HKT48 あっけない粉雪 歌詞

HKT48の「あっけない粉雪」歌詞ページ。
「あっけない粉雪」は、作詞:秋元康、作曲:丸山真由子です。

「あっけない粉雪」歌詞

歌:HKT48

作詞:秋元康

作曲:丸山真由子

風が急に冷たくなって
どんよりした雲行きは 天気予報通り
パーカーのフード 被った辺りで
向こうからやって来た君と誰か

さりげなく 腕を組んでるのは
Maybe 友達じゃないだろう
天を仰ぎ呟(つぶや)く
白い息が舞ってる

粉雪があっけなく 掌(てのひら)で溶けるように
僕の片想いも一瞬だった
愛しさが胸の底に降り積もってしまうより
ドキドキできただけでよかったかもね

笑い声が遠ざかってく
一方的な声なんて伝わるわけない
もしも気持ちが届いたとしても
雲間(くもま)から太陽は見えないだろう

肩先に静かに留(とど)まる
そう この恋の破片(かけら)たち
人を想う感情
何を語るつもりだ?

粉雪はしんしんと 地上まで落ちてくけど
君の足跡さえ消してくれない
思い出ができる前に ただの水になれた分
これから先は一人歩いて行ける

何もなかったかのように
それは雨に変わった

粉雪があっけなく 掌(てのひら)で溶けるように
僕の片想いも一瞬だった
愛しさが胸の底に降り積もってしまうより
ドキドキできただけでよかったかもね

文字サイズ:
   
歌詞の位置:
 

人気の新着歌詞

Eutopia

鐘嵐珠(法元明菜)

“Hey. It's me! 准備好没?”もっと熱...

Hello Hello

風男塾

その指で軽くちょっとピッとワンタッチツナガル秒でパ...

ロマンティストでいいじゃない

田原俊彦

One more time 月のシャワー浴びて今夜...

荊棘輪舞曲

古川慎

噎せ返る血の香と罪過(ざいか)の果て(嗤うのは誰?...

おしえてMoonlight

バクステ外神田一丁目

ついこの間も 同じことがあってさ大したことじゃない...

わたし

SixTONES

有り得ないところまで心が 動き出す何気ない言葉...

LOSER

NEWS

立ち上がれ あゝ本当の声で 本当の自分(きみ)で...

歌詞検索J-Lyric.netでは、無料で歌詞の検索・閲覧サービスを提供しておりますが、著作権保護の為、歌詞の印刷、歌詞のコピー、歌詞の複写などを行うことはできません。

歌詞の検索方法 利用規約 J-Lyric.net について

Copyright (c) 2006-2022 J-Lyric.net