米津玄師 M八七 歌詞

米津玄師の「M八七」歌詞ページ。
「M八七」は、作詞:米津玄師、作曲:米津玄師です。

「M八七」歌詞

歌:米津玄師

作詞:米津玄師

作曲:米津玄師

遥か空の星が ひどく輝いて見えたから
僕は震えながら その光を追いかけた

割れた鏡の中 いつかの自分を見つめていた
強くなりたかった 何もかもに憧れていた

君は風に吹かれて 翻る帽子見上げ
長く短い旅をゆく
遠い日の面影

君が望むなら それは強く応えてくれるのだ
今は全てに恐れるな 痛みを知る ただ一人であれ

いまに枯れる花が 最後に僕へと語りかけた
「姿見えなくとも 遥か先で見守っている」と

そうだ 君は打ちひしがれて 削れていく心根
物語の始まりは
微かな寂しさ

君の手が触れた それは引き合う孤独の力なら
誰がどうして奪えるものか 求めあえる 命果てるまで

輝く星は言う 木の葉の向こうから
君はただ見つめる 未来を想いながら
僕らは進む 何も知らず彼方のほうへ

君が望むなら それは強く応えてくれるのだ
今は全てに恐れるな 痛みを知る ただ一人であれ

微かに笑え あの星のように
痛みを知る ただ一人であれ

文字サイズ:
   
歌詞の位置:
 

米津玄師の人気歌詞

M八七の収録CD,楽譜,DVD

人気の新着歌詞

ビーサンはなぜなくなるのか?

HKT48

夏が来る気配は 昨日より眩(まぶ)しい青空(青空)...

Eutopia

鐘嵐珠(法元明菜)

“Hey. It's me! 准備好没?”もっと熱...

Hello Hello

風男塾

その指で軽くちょっとピッとワンタッチツナガル秒でパ...

ロマンティストでいいじゃない

田原俊彦

One more time 月のシャワー浴びて今夜...

荊棘輪舞曲

古川慎

噎せ返る血の香と罪過(ざいか)の果て(嗤うのは誰?...

おしえてMoonlight

バクステ外神田一丁目

ついこの間も 同じことがあってさ大したことじゃない...

わたし

SixTONES

有り得ないところまで心が 動き出す何気ない言葉...

歌詞検索J-Lyric.netでは、無料で歌詞の検索・閲覧サービスを提供しておりますが、著作権保護の為、歌詞の印刷、歌詞のコピー、歌詞の複写などを行うことはできません。

歌詞の検索方法 利用規約 J-Lyric.net について

Copyright (c) 2006-2022 J-Lyric.net