きのこ帝国 金木犀の夜 歌詞

きのこ帝国の「金木犀の夜」歌詞ページ。
「金木犀の夜」は、作詞:佐藤千亜妃、作曲:佐藤千亜妃です。

「金木犀の夜」歌詞

歌:きのこ帝国

作詞:佐藤千亜妃

作曲:佐藤千亜妃

だいたい夜はちょっと
感傷的になって
金木犀の香りを辿る

何でもないふりしても
声が聴きたくなって
電話番号を思い出そうとしてみる

かける、かけない
会いたい、会いたくない
いつの間にか
随分遠くまで来てしまったな

あの頃のふたりは
時が経っても消えやしないよね
いつか他の誰かを
好きになったとしても忘れないで

だんだん寒くなって
夏は通り過ぎてた
金木犀の香りで気付く

どうでもいいふりしても
きみが好きなアイスみつけて
深夜のコンビニで急に引き戻される

消える、消えない
泣きたい、泣きたくない
いつかきっと笑って話せる日が
来るなんて本当かな

あの頃のふたりは
怖いものなど何も無かったね
いつか他の誰かを
好きになったとしても忘れないよ

だいたい夜はちょっと
感傷的になって
金木犀の香りを辿る

文字サイズ:
   
歌詞の位置:
 

人気の新着歌詞

黄色

back number

今は硝子の蓋を閉めてこの気持ちが私の胸を衝いて...

根も葉もRumor

AKB48

Hey! Whazzup?Nothing! Not...

食べた愛

aiko

あながち間違ってないよ むしろそれで合ってるよだけ...

光の魔人

ザ・クロマニヨンズ

赤煉瓦の煙突を 蹴飛ばして行くんだもっと高く もっ...

生きることは尊いに決まってんだろ

風男塾

GET TOUGH! やいのやいの言うてもGET ...

こむぎ

遊助

鼻から空吸って ゆっくりと吐くんだこんな毎日が実る...

歌詞検索J-Lyric.netでは、無料で歌詞の検索・閲覧サービスを提供しておりますが、著作権保護の為、歌詞の印刷、歌詞のコピー、歌詞の複写などを行うことはできません。

歌詞の検索方法 利用規約 J-Lyric.net について

Copyright (c) 2006-2021 J-Lyric.net