ヒトリエ バスタブと夢遊 歌詞

ヒトリエの「バスタブと夢遊」歌詞ページ。
「バスタブと夢遊」は、作詞:wowaka、作曲:wowakaです。

「バスタブと夢遊」歌詞

歌:ヒトリエ

作詞:wowaka

作曲:wowaka

甘い夢をかじって
抜け出せなくなりそうなの
呆れ顔もいつの間にか病みつきになって
都会のど真ん中
浴槽に浸かって溺れてみたの
微かに聞こえる叫び声

キツい酒を入れて
テレビの狂騒に身を委ねる
馬鹿みたいにはしゃぐ声が耳障りだって
都会のど真ん中
またそれを使って溺れてみるの
次も帰ってこれるといいな

悪い冗談だろ
ってことばかり起こる世界です
いったい誰のせい
詳しく教えて下さい先生
向かいの部屋ん中
御馳走にありつく人を眺める
眩しさでなんだか吐気がするんだ

甘い夢をかじって
抜け出せなくなりそうなの
腐れきったその色が瞼に焼き付いて
都会のど真ん中
その色に染まって溺れてみたの
耳鳴りが鳴り止まない

ああ、
もういいやって
やってやり尽くして
また蹴って殴って息を止めちまえ
決定待ってくたびれた
その顔に向かって唾を吐くんだ
やってやって
出し尽くしたら
痛いの、痛いのも飛んでくんだ
きっときっと
そんな風にさ、誰かのこと

誰だって殺しちゃってんだ。
いつだってそれに泣いてる。
今日にだってその姿はどうにだって壊れちゃうだろう。
君だってギリギリってんで、泣いてた。
って、気にしないけど。
僕だってそこにいるから、
ちょっとくらいならそれも良いと思えてんだよ。

甘い夢をかじって
抜け出せなくなりそうなの
呆れ顔もいつの間にか病みつきになって
都会のど真ん中
浴槽に浸かって溺れてみるの

悪い冗談だろ
ってことばかり起こる世界です
腐れきったその色が瞼に焼き付いて
都会のど真ん中
その色に染まって溺れてみるの
もう戻ってこれそうにもないな

誰だって許しちゃってんだ。
いつだってそれで良いんだろう。
ねえ唄って、その姿をどうにだって壊しちゃってよ。
僕だってギリギリってんで、
泣いてたって気にしないから。
君だってそこにいるなら、
いつだってどうにだってしちゃってよ。

ねえ唄って

誰だって殺しちゃってんだ。
いつだってそれに泣いてる。
僕だってそこにいるから、
ちょっとくらいならそれも良いと思えてんだよ。

文字サイズ:
   
歌詞の位置:
 

人気の新着歌詞

LiE LiE LiE

BiSH

妄想にとらわれすぎどうせ何も生み出しやしないんじゃ...

Acanthe

Valkyrie

春のparfum 誘われ目覚める愛を閉じ込めた 記...

それだけでいい

大原櫻子

もたれかかる 君の寝顔愛しくて キスをした笑顔...

Brilliant Smile

Switch

Show your cutting-edge! Sho...

鳴り響く限り

YUKI

夜は月明かりを持って 揺れる朝焼けを頬張って 踊りたい...

The Answer

なにわ男子

We will always catch the tr...

ねがう夜

aiko

長い間一緒にいたから そりゃあ夢にも君はいるよねだ...

歌詞検索J-Lyric.netでは、無料で歌詞の検索・閲覧サービスを提供しておりますが、著作権保護の為、歌詞の印刷、歌詞のコピー、歌詞の複写などを行うことはできません。

歌詞の検索方法 利用規約 J-Lyric.net について

Copyright (c) 2006-2022 J-Lyric.net